• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

UIのOpenTelemetry:エラー受信ボックス

エラー受信ボックスを含むエラーを検出、トリアージ、およびアクションを実行します。

OpenTelemetryトレースを備えたサービスのエラー受信ボックス内のエラーグループを優先順位付けできます。エラーの原因を特定するために必要なスタックトレース、スパンイベント、スパン属性データなどの詳細をすぐに表示できます。

どうすれば始められますか?

エラー インボックスには、特定のエンティティを介してスコープ レベルで、またはすべての機能ページを介してグローバル レベルでアクセスできます。[エラー受信トレイ] を選択してください。グローバル エクスペリエンスには、ワークロードを設定する必要があります。

OpenTelemetryエンティティを介したスコープエラーの受信トレイ。

一意の指紋はどのように作成されますか?

スパンエラーイベントが取り込まれると、フィンガープリントを出力する一連の管理されたルールを介してイベントが実行されます。すべての一意のフィンガープリントには、1つのエラーグループが関連付けられています。イベントは、UUID、16進値、電子メールアドレスなどの識別値を無視することによって正規化されます。

otel.status_code = ERRORおよびスパンの種類がserverまたはconsumerのスパンは、個別のエラーインスタンスとして扱われます。エラーグループは、一意のフィンガープリントを共有する一意のエラーインスタンスのセットです。

エラーグループメッセージの値は、次の順序で決定されます。

  • otel.status_description
  • rpc.grpc.status_code
  • http.status_code
  • http.response.status_code
  • undefined 上記の4つすべてが存在しない場合

トラブルシューティング:受信トレイのノイズが多すぎる場合は、次のヒントを確認してください。一方、エラー受信ボックスにエラーデータが表示されない場合は、開始するための要件を確認してください。

他のUIページでのOpenTelemetryについては、 UIの概要を参照してください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.