• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

UIのOpenTelemetry:データベースページ

OpenTelemetry データを送信し、UI でサービス (エンティティ) を開いた後、[データベース] をクリックして、サービスが実行しているデータベース クエリのパフォーマンスについて確認します。どのデータベース呼び出し (たとえば、 adsテーブルに対するSELECT操作) が合計または平均で最も多くの時間を費やしているか、または最もスループットが高いかを確認できます。次に、個々の呼び出しのパフォーマンスを調査し、それに関連するトレースを見つけることができます。

必要な属性

OpenTelemetry では、スパンには SpanKindがあります。SpanKind=CLIENT データベースなどのリモート サービスへの呼び出しを表すスパンを表します。 SpanKind=CLIENT db.system 属性の存在と組み合わせて使用し、データベースへの呼び出しを表すスパンを識別します。

OpenTelemetry データが [データベース] ページに表示されるようにするには、OTel のセマンティック規則に従って、次の属性があることを確認してください。

UIエリア

属性

トップ・データベース・コール

  • span.kind = client または producer
  • db.system
  • スパンごとのファセット name

上位のデータベース(問い合わせ時間順)

  • span.kind = client または producer
  • db.system
  • ファセット db.system

上位データベース(スループット順)

  • span.kind = client または producer
  • db.system
  • ファセット db.system

他のUIページでのOpenTelemetryについては、 UIの概要を参照してください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.