• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

OpenTelemetry のバージョン: ベスト プラクティス

OpenTelemetry で計測されたサービスからデータを送信する準備ができたら、OTLP のサポートに精通していることを確認してください。

OpenTelemetry プロトコル (OTLP)

OpenTelemetry Protocol (OTLP) は、OpenTelemetry インストルメンテーション、エージェント、バックエンド、およびコレクターによって使用されるテレメトリ交換プロトコルです。プロトコル仕様では、これらのコンポーネントがバージョン間で通信を継続できるように下位互換性が必要であり、機能が低下する可能性があります。バックエンドとして、New Relic は当初、2021 年 9 月 23 日にOTLP バージョン 0.10.0一般提供サポートを発表しました。それ以来、プロトコルが成熟するにつれて、多くの変更がプロトコルに加えられました。2022 年 9 月 30 日現在、New Relic はOTLP バージョン 0.18.0をサポートしています。

OTLP バージョン 0.18.0

プロトコル バージョン 0.18.0 のマイルストーンは、プロトコルのコア テレメトリ シグナル (ログ、メトリック、およびトレース) の安定性です。安定性の定義では、変更されないことが保証されている特定のフィールド、数値、および名前と、まだ変更される可能性があるものについて詳しく説明します。

ヒント

現時点では、OTLP/JSON はまだ安定していません。変更されると、プロトコルの一部の変更対象は、ネットワーク上で表示されるため、許可されなくなります。

0.10.0 から 0.18.0 の間に追加されたもう 1 つの重要な機能は、0.11.0 で追加され、最近のリリースで改良された指数ヒストグラムです。指数ヒストグラムは、HTTP 応答時間などのロングテール分布を表すのに適していて、転送がより効率的であり、New Relic のようなバックエンドでより最適に処理できます。

以下は、これら 2 つのリリース間の注目すべき変更点の詳細です。

追加した

  • 指数ヒストグラム: New Relic は、デルタ集約の一時性を使用した指数ヒストグラムの取り込みをサポートしています。min、max、および sum フィールドはオプションですが、受け入れられます。
  • LogRecord ObservedTimestamp: 0.13.0 で追加されたこのフィールドは、ログ レコードが OpenTelemetry コレクション コンポーネント (アプリケーション インストルメンテーションやコレクターなど) によって最初に見られた時期を表します。

かわった

InstrumentationLibrary InstrumentationScopeに名前が変更されました。メトリクス、ログ、およびトレースはInstrumentationLibraryまたはInstrumentationScopeの下に保存されます。それぞれに、名前とバージョンが属性として追加されます: otel.scope.nameおよびotel.scope.version

注意

InstrumentationLibraryは将来的にサポートが終了するため、新しいInstrumentationScopeをお勧めします。

削除

一部のメッセージとフィールドは、メトリクスに対して非推奨になりました。各指標タイプの整数バージョンは削除されました。

注意

StringKeyValue ラベルは削除されましたが、「ラベル」をまだ使用している古いバージョンの OpenTelemetry コンポーネントは、下位互換性のために New Relic によって属性として受け入れられます。このサポートは、将来のある時点で削除される予定です。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.