• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

OpenTelemetryリソース:ベストプラクティス

OpenTelemetryのリソースは、テレメトリデータを生成するエンティティに関する情報を表します。 New Relicに送信されるすべてのテレメトリデータがリソースに関連付けられていることを確認して、NewRelicの適切なエンティティにリンクできるようにします。 OpenTelemetry Resource SDK仕様は、リソースを定義するためにすべての言語SDKによって実装される機能を定義します。

以下の一連の属性は、 OpenTelemetry resource semantic conventions で定義されています。これらの属性は通常、OpenTelemetry SDKを使ってリソースを作成する際に設定されます。

  • service.* attributes

    • service.name リソースをUIのエンティティに関連付けるには属性が必要です
    • service.instance.id 特定のペインを点灯させるために必要です
  • telemetry.sdk.language=java JVMセクションのデータを表示するにはが必要です

タグを使用して UI でエンティティを整理する

タグを使用して、UI でエンティティを整理およびフィルター処理できます。タグはキーと値のペア (例: team: operations ) であり、監視対象のアプリやホストなどのさまざまなデータ セットに追加されます。アカウント ID など、特定の重要な属性がタグとして自動的に使用可能になります。また、独自のカスタム タグを UI に直接追加するか、以下のいずれかの方法で追加することもできます。

リソース プロセッサを使用して、 tagsで始まるリソース属性を追加します。これにより、New Relic のエンティティにタグが作成されます。たとえば、属性tags.mytag=myvalueを追加すると、エンティティ タグmytag=myvalueになります。構成例を次に示します。

また、SDK のリソース ビルダーにリソース属性を直接追加することもできます (これを行う方法については、言語 SDK リポジトリを確認し、接頭辞tags.を使用することを忘れないでください)、 環境変数としてそれらをエクスポートすることもできます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.