• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

NewRelicを使用したOpenTelemetryのベストプラクティスの概要

OpenTelemetryは複雑になる可能性があるため、New Relicのエクスペリエンスを最適化するために、ベストプラクティスを確認してください。特定の問題の解決については、 トラブルシューティングガイドを参照してください。

  • アラート:アラートを使用して問題について通知します
  • 属性の長さ:属性の名前と値の制限内にとどまる
  • バッチ処理:レート制限を回避するためにバッチ処理を使用します
  • ブラウザ:ブラウザアプリケーションでライセンスキーを公開しないでください
  • 圧縮:ペイロードを最大化します
  • ログ:OpenTelemetryツールを使用してログをNewRelicに送信します
  • メトリクス:OpenTelemetryメトリクスがNewRelicでどのように処理されるかを探る
  • リソース:テレメトリデータを生成するエンティティのリソースを使用します
  • トレース:トレースとスパンのいくつかの要件とオプションを参照してください

重要

OpenTelemetry プロトコルが成熟し、より多くのコンポーネントが安定していると宣言されると、2022 年 9 月 30 日に、OTLP エンドポイントでサポートされるバージョンを v0.10.0 から v0.18.0 に移行します。

コミュニティがOTLPのより安定したリリースに向けて動くにつれて、v0.10.0サポートのEOLタイムラインと、混乱を最小限に抑えるために実行できるアクションに関して、追加の連絡が予定されています。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.