• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

OpenTelemetryバッチ処理:ベストプラクティス

注意

レート制限を受けないようにするために、以下の実践をお勧めします。

  • このセクションで説明したOTLPエンドポイントに送信されるバッチリクエスト
  • gzip圧縮を明示的に有効にする
  • 属性の長さがNewRelicの最大値を超えないようにしてください

デフォルトでは、OpenTelemetry SDKとCollectorは1つのリクエストにつき1つのデータポイントを送信します。これらのデフォルトを使用すると、アカウントがレート制限される可能性があります。

すべてのOpenTelemetrySDKおよびコレクターは、メモリ内のデータポイントをバッチ処理するBatchProcessorを提供します。このバッチ処理により、リクエストを複数のデータポイントで送信できます。

コンポーネント

バッチプロセッサー

コレクター

バッチプロセッサー

Go SDK

BatchSpanProcessor

JS SDK

BatchSpanProcessor

Python SDK

BatchExportSpanProcessor

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.