• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

データの再起動とギャップ(Kubernetes)

問題

Kubernetes用のPrometheus OpenMetricsインテグレーションを実行していると、New Relicに送信されるデータに再起動やギャップがあることに気づきます。

解決策

Prometheus OpenMetrics integration for Kubernetesを毎分500Kのデータポイントで実行する場合は、必ずこれらの制限を設定してください。

  • CPU制限:1コア
  • メモリ制限:1Gb

推奨: 常にKubernetesスクレーパーを 1つのレプリカ で実行します。

複製を増やすと、データが重複してしまいます。CPUやメモリの制限が十分でない場合、再起動したり、データに隙間ができたりすることがあります。

スクレーパーの状態や再起動イベントを確認するため。

kubectl describe pod -l "app=nri-prometheus"
Copyright © 2022 New Relic株式会社。