• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

統合ログの推奨事項

New Relic の インフラストラクチャ エージェント は、オンホストの統合 を作成するための SDK を提供しています。このドキュメントでは、統合ログを生成するための要件とベストプラクティスについて説明します。

ロギングの要件 [#required]

どのようなログ・メッセージを作成するか、またどのような情報が問題のデバッグに役立つかは、お客様の判断に委ねられています。唯一の要件は、統合実行ファイルが標準エラー(stderr)にログを書き込むことです。

インフラストラクチャエージェントは、標準エラーに書き込まれた行をキャプチャして、インフラストラクチャエージェント自身が書き込んだ ロギングストリーム にマージします。

サードパーティのログソリューションに依存しないように、Goの統合構築ライブラリでは、一般的なログレベルを備えた シンプルなログパッケージを提供しています。

ここでは、統合ログを生成するための推奨事項を説明します。

  • * デフォルトでは、統合は"静かでなければなりません。" 標準出力に出力されるデータを除けば、ログや診断メッセージはほとんど生成されないはずです。
  • インフラストラクチャエージェントに、 verbose の設定と同様の冗長ログモードを含めることをお勧めします。冗長ロギングを有効または無効にするコマンドラインスイッチを含める(例: -verbose )。
  • 統合が実行されている間に統合をデバッグするには、実行するコマンドラインの一部として定義ファイルに verbose スイッチを含めます。これにより、冗長なログがInfrastructureエージェント自身のログファイルに送信されます。
  • 一般的なデバッグ目的では、標準出力のJSONデータを人間が読める"pretty-printed" 形式で書き込むフラグを使用します(たとえば、 --pretty )。"pretty-printed" 形式で書かれた出力は、あなたのデバッグ目的のためだけのものであり、インフラストラクチャエージェントとは互換性がないことに注意してください。
  • 統合は、単独で実行できるように作成する必要があります。統合がエージェントと通信しているかどうか疑わしい場合は、コマンドラインから統合を実行して、期待通りの出力やログメッセージが生成されているかどうかを確認できます。

Go言語のロギングパッケージについては、 ロギングパッケージ を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。