• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

統合とマネージドポリシー

インフラストラクチャ インテグレーション を使用するためには、New Relic にお客様のアカウントから関連するデータを読み取る権限を付与する必要があります。Amazon Web Services (AWS) では、マネージドポリシーを使用してこれらの権限を付与しています。

重要

Recommendation: AWS からアカウント全体のReadOnlyAccess 管理ポリシーを付与します。AWS は、新しいサービスが追加されたり、既存のサービスが変更されたりすると、このポリシーを自動的に更新します。 New Relic Infrastructureインテグレーションは、ReadOnlyAccess ポリシーで機能するように設計されています。 手順については、 AWSインテグレーションをインフラストラクチャに接続する」を参照してください。

Exception: Trusted Advisorインテグレーションは、 ReadOnlyAccessポリシーの対象外です。 追加のAWSSupportAccess管理ポリシーが必要です。 これは、正しく動作するためにフルアクセス権限 ( support:* ) を必要とする唯一のインテグレーションでもあります。 この制限については Amazon に通知しました。 問題が解決したら、この統合に必要なより具体的な権限をドキュメントに更新します。

オプションポリシー

AWSからReadOnlyAccess マネージドポリシーを使用できない場合は、パーミッションのリストに基づいて独自のカスタマイズされたポリシーを作成できます。これにより、統合ごとにAWSからデータをフェッチするために必要な最適な権限を指定できます。このオプションは使用可能ですが、統合を追加または変更するときに手動で更新する必要があるため、お勧めしません。

重要

New Relic には、カスタムパーミッションに関連する問題を特定する手段がありません。カスタムポリシーを作成した場合、それを維持し、適切なデータが収集されていることを確認する責任はお客様にあります。

カスタマイズされたポリシーを設定するには2つの方法があります。 当社のCloudFormationテンプレート を使用するか、 必要なパーミッションを追加して自分で作成する のどちらかです。

オプション1:CloudFormationテンプレートの使用

私たちのCloudFormationテンプレートには、すべてのAWS統合のためのすべてのパーミッションが含まれています。

管理対象ポリシーでは、 rootとは異なるユーザーを使用できます。

オプション2:パーミッションを手動で追加する

利用可能なパーミッションを使って独自のポリシーを作成するには

  1. all

    インテグレーションの権限を追加します

  2. 必要な統合に特化したパーミッションの追加

以下のパーミッションは、New Relic が特定の AWS インテグレーションのデータを取得するために使用されます。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.