• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

AWS マーケットプレイスから EKS アドオンをインストールする

Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) は、AWS とオンプレミスの両方で Kubernetes を簡単に実行できるようにするマネージド Kubernetes サービスです。Kubernetes は、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイ、スケーリング、管理を自動化するためのオープンソース システムです。このドキュメントでは、AWS Marketplace から EKS アドオンを使用するために必要な手順について説明します。

前提条件

重要

このアドオンは現在、x86 インスタンス タイプでのみサポートされていますが、ARM64 も近日中にサポートされる予定です。

AWS コンソール経由で EKS アドオンをプロビジョニングする

  1. EKS Cluster > Add-Ons > Get More add-onsに移動します。

  2. AWS Marketplace アドオンで、 New Relic Kubernetesインテグレーションを検索、参照、または移動し、チェックボックスを選択して、Next をクリックします。

  3. 必要に応じて、最新のデフォルト バージョンを選択するか、代替バージョンを選択して、 Nextをクリックします。

  4. Createをクリックします。

数分以内に、New Relic の Kubernetes オペレーターがアクティブ化され、実行が開始されます。EKS クラスターから可観測性データを収集して New Relic に送信するには、以下の構成手順を参照してください。

AWS CLI 経由で EKS アドオンをプロビジョニングする

EKS クラスターの名前として--cluster-nameを使用して、次のコマンドを実行して NewRelic アドオンをインストールします。

bash
$
aws eks create-addon --cluster-name REPLACE_ME --addon-name new-relic_kubernetes-operator

次のような出力が表示されます。

bash
$
{
$
"addon": {
$
"addonName": "new-relic_kubernetes-operator",
$
"clusterName": "newrelic-test",
$
"status": "CREATING",
$
"addonVersion": "v0.1.8-eksbuild.1",
$
"health": {
$
"issues": []
$
},
$
"addonArn": "arn:aws:eks:ap-northeast-2:###############:addon/kubecon2023-127/new-relic_kubernetes-operator/6cc5e7b7-d8f1-5fa0-c668-2bc9727e16b3",
$
"createdAt": "2023-07-27T11:47:57.023000-07:00",
$
"modifiedAt": "2023-07-27T11:47:57.044000-07:00",
$
"tags": {}
$
}
$
}

Kubernetes オペレーターを構成する

CLI でkubectl get all -n newrelicを実行すると、Kubernetes オペレーターが動作していることを確認できます。メトリクスの収集を開始して New Relic に出荷するには、次のサンプル カスタム リソース定義 (CRD) を使用します。

  1. 以下の定義を使用して、 spec.global.cluster EKS クラスターの名前、 spec.global.licensekey New Relic ライセンス キーとして使用して、 crd.ymlファイルを作成します。

    apiVersion: newrelic.com/v1alpha1
    kind: NRIBundle
    metadata:
    name: nribundle-sample
    spec:
    global:
    cluster: "<cluster>"
    licenseKey: "<licenseKey>"
    lowDataMode: true
    newrelic-infrastructure:
    enabled: true
    privileged: true
    kube-state-metrics:
    image:
    tag: "v2.10.0"
    enabled: true
    kubeEvents:
    enabled: true
    newrelic-prometheus-agent:
    enabled: true
    lowDataMode: true
    config:
    kubernetes:
    integrations_filter:
    enabled: false
  2. 必要な構成を更新したら、次のコマンドを使用してソリューションをアップグレードします。

    kubectl apply -f crd.yml -n newrelic
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.