• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

アカウントの監査ログの照会(NrAuditEvent)

New Relicを使用および管理するための追加のセキュリティ対策として、 NrAuditEventイベントを使用して、NewRelic組織の変更を示す監査ログを表示できます。これも:

  • 個人の追加・削除
  • 役割の変化
  • API経由でのアカウント変更
  • 合成モニターの変化
  • ダッシュボードの削除
  • ワークロードの設定変更

また、 alerts を使用すると、New Relic アカウントの変更について通知を受けることができます。

アカウントデータのセキュリティと保持

すべての New Relic アカウントでは、最大 13 ヶ月分のアカウント変更を照会できます。アカウントのセキュリティを確保するため、監査ログ NRQL クエリは、現在選択されているアカウントの変更のみを追跡します。関連する子アカウントの監査ログイベントは表示されません。別のアカウントまたはサブアカウントの変更を照会するには、そのアカウントを選択し、そこで NRQL クエリを実行します。

監査ログは、APM エージェントの監査モード の設定とは異なります。APM の監査モードは、アプリから送信されるすべてのデータに関する情報を記録します。

NrAuditEventクエリの実行

New Relicアカウントの変更を追跡および表示するには、次の手順に従います。

  1. 任意の NRQL インターフェース で、以下のクエリを実行し、必要に応じて時間枠を 13 ヶ月まで調整します。

    SELECT * from NrAuditEvent SINCE 1 day ago
  2. クエリをカスタマイズするには、使用可能なNrAuditEvent属性のいずれかを使用します。

  3. アカウントの変更について通知を受けるには、 NRQL の条件をアラートで作成します

別のアカウントの変更を照会するには、そのアカウントを選択し、そのアカウントに対して別の NRQL クエリを実行します。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.