• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

New Relic CodeStream の紹介

New Relic CodeStream は、コードのパフォーマンスを開発プロセスの初期段階の一部にすることでシフトレフトを可能にする IDE 拡張機能です。

  • コードから構築されたサービスのエラー、パフォーマンスの悪いトランザクション、準拠していない SLO などの実用的な情報を取得します。
  • スタック トレースをステップ実行し、チームメイトと協力することで、エラーをより迅速に調査できます。
  • コード内の個々のメソッドのパフォーマンス データをエディターで直接確認できます。
  • IDE からログを検索して、コンテキストを切り替えることなく問題を調査します。

エラー調査

自分が担当するコード内で発生しているエラーを発見します。CodeStream によってスタック トレースをすばやくステップ実行すると、正しいファイルと行番号が自動的に表示され、関連するチームメイトをディスカッションに参加させることができるため、問題をできるだけ早く解決できます。

コードレベルの指標

パフォーマンス データをメソッド レベルでエディターで直接確認できます。常時表示により、パフォーマンスの問題が当面の作業に考慮されるようになります。下位環境のメトリクスを確認し、本番環境に影響を与える前にパフォーマンスの問題を回避することもできます。

性能監視

コードから構築されたサービスがどのような環境でもどのように実行されているかを IDE 内で表示できます。ゴールデンメトリクス、サービスレベル目標、関連サービスにより、全体像が一目でわかります。

ログ検索

ログを検索して問題を調査する必要がある場合、その作業を Web 上で行うために IDE からコンテキストを切り替える必要はありません。 IDE から直接ログを検索します。 コード内の個々のログ行から検索を開始することもできます。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.