• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

CodeStreamとNewRelic

CodeStreamとNewRelicプラットフォームは連携して、コードのエラーを洞察し、APMエージェントを使用してコードのインストルメントを簡単に開始できるようにします。

CodeStreamをNewRelicに接続すると、スタックトレースエラーからIDEの問題のあるコード行に直接ジャンプできます。 IDEに入ると、スタックトレースをナビゲートし、チームメートと協力して問題を解決できます

プレビューリリース

CodeStreamとNewRelicプラットフォームの統合は、米国のデータセンターのNew Relicアカウントに限定されたプレビューリリースであり、ユーザーの使用にはプレリリースポリシーが適用されます。 (これは、他のすべてのCodeStream機能には適用されません。)

CodeStreamとNew Relicの接続

CodeStreamでNew Relicのオブザーバビリティ機能を利用する前に、それらを接続する必要があります。

CodeStreamとNew Relicを接続するための要件です。

New Relicユーザーキーを取得したら、CodeStreamの[ Observability ]セクションで[ Connect to New Relic ]をクリックし、APIキーを貼り付けて、[Connect toNewRelic]をクリックします

注意

New Relic のユーザーは CodeStream でスタックトレースのエラーを共有することができます。CodeStream を New Relic に接続すると、CodeStream の組織に追加した新しいユーザーは、これらのエラーを見ることができます。

エラーとその原因の確認

CodeStreamとNew Relicを接続した後、ワークロードとエラーズインボックスを使って、IDEの問題のあるコードにジャンプします。

IDEでスタックトレースエラーを開くための条件

New Relic のエラーインボックスは、顧客に影響を与える前にエラーを積極的に検出し、優先順位をつけ、対策を講じるための単一の場所です。CodeStreamでは、エラーからIDEの問題のあるコードに直接ジャンプすることができます。

ヒント

APMのエラーに限る。

誤差のある受信箱からIDEに移行する方法

one.newrelic.com/ から、 Errors Inbox 、スタックトレースエラーをクリックし、 Open in IDE をクリックします。

APMエラーとCodeStream

スタックトレースエラーをIDEで表示するためには、CodeStreamはエラーがどのリポジトリに関連しているか、また理想的にはエラーを発生させたコードのどのバージョンかを知る必要があります。

リポジトリとエラーの関連付け

APM、モバイル、ブラウザなどのモニタリングを開始したら、リポジトリエンティティを作成し、すべてのサービスのエンティティと関連付ける必要があります。リポジトリのエンティティを作成するためには、リポジトリのリモートURLを提供する必要があります。例えば、リモート URL は SSH または HTTPS 形式のいずれかになります。

  • git@github.com:newrelic/beta-docs-site.git
  • https://github.com/newrelic/beta-docs-site.git

注意

異なるプロトコルを使用している場合は、同じ GitHub リポジトリを複数回追加することができます。UI はこの点について警告を発しますが、追加を妨げることはありません。

たとえば、 https://github.com/tuna/repogit@github.com:tuna/repoは同じリポジトリであり、プロトコルが異なります。

IDEでエラーを開こうとしたときに、関連するリポジトリがない場合、CodeStreamは関連付けを行うように促し、New Relic上の指定されたエンティティからのすべてのエラーに対してその関連付けを保存します。しかし、継続的な手作業の手間が少なく、リモートURLの設定ミスなどエンドユーザーのミスの可能性を排除できるため、以下のいずれかの方法を使用することが望ましいでしょう。

ビルドSHAやリリースタグとエラーの関連付け

CodeStream の Open in IDE を APM スタックトレースエラーで使用するには、環境変数を使用して、アプリケーションの commit sha および/または release tag を、実行中のソフトウェアのバージョンに関連付けて APM エージェントに設定します。

CodeStreamは、この接続を確立するためにコミットshaの最初の7文字(たとえば、 734713b )のみを必要としますが、sha全体を含めることができます。

または、CodeStreamのリリースタグ( v0.1.209release-209など)を使用して、コードの正しいバージョンを見つけることもできます。

New Relic APMの場合、コミットおよび/またはリリースタグ( tags.commitおよびtags.releaseTag )がTransactionおよびTransactionErrorイベントの属性として追加されます。 APM環境変数を使用して、これらの属性を設定できます。

これらの変数のいずれかまたは両方を、ビルドパイプラインの一部として設定することをお勧めします。

  • NEW_RELIC_METADATA_COMMIT -コミット社。すべてを含めることも、最初の7文字のみを含めることもできます。
  • NEW_RELIC_METADATA_RELEASE_TAG -リリースタグ( v0.1.209release-209など)。これには、人間が読める形式であるという利点があります。

これらの変数の設定方法については、各言語ごとに具体的な設定内容をご紹介します。

CodeStreamによるAPMエージェントのインストール

CodeStream経由でNew Relic APMエージェントをインストールするための要件です。

CodeStream を初めて New Relic に接続する際、New Relic が監視していないアプリケーションのコードベースで作業している場合、CodeStream はそのアプリケーションのインストルメントを提案します。

New Relic のガイド付きインストール のように、CodeStream は APM エージェントをインストールして New Relic へのデータ送信を開始するまでのすべてのステップを説明し、自動化します。

このチェックは、最初の接続時にのみ自動的に行われます。後で行うには、CodeStream エクステンションで、ユーザー名をクリックし、 New Relic Setup をクリックします。

GoとPixieによるダイナミックロギング

Pythonを使用したコードレベルの指標

CodeStreamとNewRelicを使用して、Pythonアプリケーションのコードパフォーマンスを計測できます。有効にすると、メトリックは、IDEでCodeLensまたはコードのメソッドの上に挿入されたテキストとして表示されます。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.