• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

スタート

構文

newrelic.start(value: string[]|undefined)

遅延状態で実行しているときにエージェント機能を開始するために使用されるブラウザ API。

要件

  • ブラウザ Lite、Pro、または Pro+SPA エージェント (v1.239.0 以降)

    重要

    この API を使用するために必要な設定は、現在 New Relic 内のより大規模なデプロイメント システムに接続されていません。そのため、この API の呼び出しは、さらなる変更が行われるまで、コピー/ペーストまたは npm ブラウザーのインストールにのみ影響します。

説明

機能はdeferred状態でロードできます。これは、エージェントが使用する構成ブロックNREUM.init.<feature>で適切な機能のautoStartプロパティをfalseに設定することで制御できます。この機能の状態は、イベントが監視されてエージェントに保存されますが、 .start() API メソッドで指示されるまで NR1 に収集されないことを意味します。機能名のリストについては、 「機能名」を参照してください。機能を遅延状態に設定する方法を示す例については、「例」を参照してください。

有効な値を指定してこの関数を実行すると、ブラウザ エージェントは、 autoStart: false構成によって延期されていた関連機能を開始します。引数なしで呼び出された場合、メソッドは延期されているすべての機能を開始します。機能名を表す文字列のリストを指定して呼び出された場合は、その文字列に一致する機能名が開始されます。機能名のリストについては、 「機能名」を参照してください。

パラメーター

パラメータ

説明

value

文字列[]または未定義

オプション。開始する機能のリストに関連する文字列の配列

機能名

  • アヤックス
  • jserrors
  • メトリックス
  • ページアクション
  • ページビュー_イベント
  • page_view_timing
  • セッションリプレイ
  • セッショントレース
  • スパ

使用例

  • ユーザーがサイト上のモーダルに同意するまでデータの収集を待ちたい場合
  • サイトでカスタム属性が設定されるまでデータの収集を待ちたい場合

すべての機能を据え置き状態でロードする (コピー/ペースト、NPM)

// Change the init portion of the configuration block to add `autoStart: false` to any features desired to load in a deferred state
NREUM.init = {
// feature configurations
ajax: {autoStart: false},
jserrors: {autoStart: false},
metrics: {autoStart: false},
page_action: {autoStart: false},
page_view_event: {autoStart: false},
page_view_timing: {autoStart: false},
session_replay: {autoStart: false},
session_trace: {autoStart: false},
spa: {autoStart: false},
// other configurations
// ...
}

延期された機能のリストを「開始」します

newrelic.start(['ajax', 'jserrors', 'page_action'])
// ajax, jserrors, and page_action features will now start harvesting

すべての延期された機能を「開始」する

newrelic.start()
// all deferred features in the agent will now start harvesting
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.