• ログイン今すぐ開始

スロークエリの詳細を表示する

APMでは、トランザクショントレースが収集されると、データベースページで利用可能な追加のスロークエリデータが存在する場合があります。遅いクエリデータとは何か、それを見つける場所、およびそれを構成する方法を見てみましょう。

また、ヒストグラムとヒートマップを使用して、さまざまなメトリクスの値の分布を視覚化することもできます。低速ページのパフォーマンスを把握するのに役立ちます。方法については、この短いビデオ(4分18秒)をご覧ください。

スロークエリのデータサンプル

トランザクショントレースが報告されると、スロークエリ機能によってトレース内で最も遅いデータベースクエリがサンプリングされ、それらに関するデータがデータベースページに報告されます。スロークエリデータの内容:

スロークエリデータを表示する

ヒント

ご利用の全てのアプリケーションおよびサービスに関する大まかな概要を得るには、New Relicエクスプローラーを利用してください。

スロークエリデータを表示するには:

  1. 次のうち1つを行います。

    • New Relic Explorer:one.newrelic.com > Explorer >(アプリケーションを選択)> Monitor > Databasesの順に進みます。
    • APM:one.newrelic.com > APM & services >(select an app)> Monitor > Databasesの順に進みます。
  2. データベースのトランザクションを選択します。

  3. 可能な場合は、ページに記載された利用可能な任意のスロークエリを選択します。

想定していたスロークエリのデータが表示されない場合は、トラブルシューティングのヒントを参照してください。

設定

通常、スロークエリの設定は以下の方法で指定できます。

エージェント設定には、サーバーサイドコンフィグレーションよりも多くのオプションが提供されています。スロークエリを構成する方法は、独自のセットアップと環境設定によって異なります。詳細については、エージェント固有のドキュメントを参照してください:

低速クエリのメトリックス

低速クエリのリストには、次のメトリックスが含まれています。

メトリック

説明

Response time

サンプリングされたステートメントの平均応答時間です。

Sample count

サンプル内で特定された低速クエリの件数です。

さらに詳細を表示するには、個別のスロークエリを選択します:

メトリック

説明

Start time

スタックトレースが、表示されたデータの収集を開始した時刻です。

Max time

サンプル内のすべての類似クエリステートメントの実行に要する最大時間です。

Action

クエリを呼び出すアクションまたはプロセスです。

Query

低速と報告されるクエリです。設定によっては、クエリの一部が難読化されることがあります。

Stack trace

コード内でステートメントが呼び出される位置です。

MySQLの場合、当社はクエリ解析を提供します。これは、クエリで発生した内容を説明し、スピードアップするために必要なものが何か説明します。その他のデータベースでは、可能であれば説明プランを表示します。

トラブルシューティング:スロークエリデータなし

スロークエリデータが検出されない場合、次のいずれかの理由が考えられます:

  • 低速クエリ機能が無効になっている。
  • 期間の閾値が非常に高く設定されているため、低速クエリが報告されていない。
  • クエリの難読化設定(通常record_sqlまたはそれに類似するもの)がOffに設定されています。

問題を解決するには、構成オプションを調整してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.