• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

データベースページ:オペレーション、スループット、レスポンスタイムを表示

APMでは、Databasesページにアプリケーションのデータベースとキャッシュデータが表示されます。このページでは、個別のデータベーストランザクションを並べ替え可能なテーブルとして、またオペレーション、スループット、そしてレスポンスタイムをチャートとして表示します。スロークエリがレポートされている場合、トランザクションを選択すると表示されます。

データベース情報を、次の3つの部分に分割します:

  • 全データベースの概要(メインページ)
    • ウォールクロックタイム毎に示す上位5つのデータベース
    • データベースのレスポンスタイム
    • データベースのスループット(1分もしくはrpmあたりのオペレーションリクエスト)
  • 上位データベースの操作(サブページ)
    • クエリ時間
    • スループット
    • 呼び出し元ごとの消費時間
  • すべてのデータベース操作を掲載したテーブル(サブページ)

重要

2020年07月30日から、以前のエージェントバージョン用のDatabasesページは、New Relic One UIではご利用いただけません。提供終了となったエージェントバージョンのUIを使用する必要がある場合は、タグfeature: legacy-databasesを、以前のDatabase UIを表示する必要のあるすべてのサービスまたはアプリケーションに追加します。

ナビゲーション

次の1つを選択してページを開きます:

  • one.newrelic.com > Entity explorer > (アプリを選択) > Monitor > Databasesの順に進みます。
  • one.newrelic.com > APM > (アプリケーションを選択)> Monitor > Databasesの順に進みます。

ヒント

すべてのアプリケーションおよびサービスに関する大まかな概要を得るには、エンティティエクスプローラーを利用してください。

データベースベンダーごとにオペレーションをフィルタリングする

可能である場合:データベースオペレーションのリスト上にあるボタンを使用して、特定のデータベースベンダーにフィルタリングできます。

  • データベースベンダーごとにコンテンツをフィルタリングするには、その名前を選択します。
  • フィルタを取り除くには、Allを選択します。

上位のデータベース操作のレビュー

メインのDatabasesページには、さまざまな方法で並び替えが可能な、上位のデータベース操作のリストが表示されます。

操作の詳細を表示するには、記録の上にカーソルを移動するか、クリックして追加チャートを表示できます。

記録をクリックすると、呼び出し元ごとの時間消費チャートが表示されます。このチャートは、選択したオペレーションをコールしたトランザクションのリストを表示し、各呼び出し元が費やした時間の割合をカラーバーで示します。呼び出し元トランザクションのトランザクションページを表示するには、チャート内の該当するトランザクションのカラーバーを選択します。

すべてのデータベースオペレーションを表示する

すべてのデータベースオペレーションを表示することが可能な場合

  • オペレーションリストの下から、Show all database operations table...リンクを選択します。
  • カラムごとにテーブルを並べ替えるには、カラムのヘッダーを選択します。
  • オペレーションリストをフィルタリングするには、テーブル上部にある検索ボックスを使用します。
  • 特定のオペレーションの詳細を表示するには、オペレーション名を選択します。

トレースを削除する

ご利用のアプリケーションのすべてのトレースを永久に削除するには:

  1. データベースオペレーションのリスト下にあるDelete all tracesボタンを選択します。
  2. 確定プロンプトを選択します。

ヒント

一般的な記録のクリーニングを行っている場合は、トランザクショントレースもしくはエラートレースも削除することを推奨します。こうすることで、Apdexやデプロイメント情報など他のアプリケーションデータを保持しつつ、潜在的に機密性がデータを削除できます。

エージェントのバージョンに基づく追加機能

次のエージェントのバージョンを使用すると、データベースページに記載された追加機能を利用できます。詳細については、New Relicエージェントの更新を参照してください。

  • C SDK 1.0.0以降
  • Go 1.4以降
  • Java 3.14.0 以降
  • .NET 4.1.134 以降
  • Node.js 1.17.0 以降
  • PHP 4.19.0以降
  • Python 2.44.0 以降
  • Ruby 3.11.0 以降

これらの機能には、以下が含まれます:

  • 複数のデータベースおよびキャッシュタイプ
  • オペレーションリスト、チャート、そしてスロークエリの異なるタイプのラベル
  • 特定のデータベースベンダーもしくはキャッシュタイプ向けオペレーションとチャートのフィルタリング
  • すべてのデータベースオペレーションのテーブル表示
  • サービスマップでデータベースを表示する機能

さらに、APMエージェントがホストおよびインスタンスレベルの詳細に対応している場合、クエリの詳細ならびにクエリが実行された具体的なインスタンスの双方を表示できます。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.