• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

外部サービスUIの使用方法

外部サービスのUIは、単一のサービスとそのアップストリームおよびダウンストリームサービスを分析するのに最適な場所です。 UIは、選択したサービスのマップと、応答時間、スループット、およびエラー率の上位5つの結果を示すパフォーマンスチャートから始まります。必要に応じて、同じマップの詳細を表形式で表示することもできます。

外部サービス機能を見つける方法

エクスプローラーでサービスを選択すると、左側のナビゲーションペインから外部サービス機能を使用できるようになります。次のいずれかを実行します。

  • New Relic のエクスプローラーです。 one.newrelic.com > Explorer> (select an app)> Monitor> External services にアクセスします。
  • APMです。Go to one.newrelic.com > APM> (select an app)> Monitor> External services.

外部サービスマップ

開始マップには、選択したサービスが、アップストリームまたはダウンストリームサービスの周りに長方形の頂点(六角形)として表示されます。初期ビューはダウンストリームサービスであるため、デフォルトで[ダウンストリームエンティティ]タブが選択されています。そのタブを表示しているとき、パフォーマンスチャート(応答時間スループット、およびエラー率)がダウンストリームサービスに適用されます。 [アップストリームエンティティ]をクリックして、これらのパフォーマンスチャートに切り替えることができます。

トランザクションの詳細を見る

外部サービスの最初のページでは、各長方形にアップストリームまたはダウンストリームサービスを表す頂点が含まれています。頂点は、エッジ(線)によってサービス間で接続されます。特定のサービスにドリルインすると、それらのドリルダウンページの頂点がサービスエンドポイントになるため、トランザクションの詳細を確認できます。

線の太さはサービスのスループットを表し、線の暗さは消費時間(スループット時間の長さ)です。

地図記号

マップの凡例には、次の2種類のサービスを選択するオプションがあります。

  • サービス:これらは、あなたが所有し、インストルメント化したサービスです。
  • 計装されていない外観:これらは、所有している場合と所有していない場合がある計装されていないサービスです。

パフォーマンスチャートのしくみ

外部サービスのオープニングページには、3つのパフォーマンスチャートが表示されます。 APMエージェントの場合、これらの初期パフォーマンスチャートにはメトリックデータが入力されますが、OpenTelemetryの場合、初期値にはサンプルデータが入力されます。

OpenTelemetryエージェントかAPMエージェントかに関係なく、最初のページの下をドリルすると、各子ページにサンプルデータが入力されます。これは、サンプリングされたデータを表示するページに期待するデータが表示されない場合は、 サンプリングを増やす必要がある可能性があることを意味します。

パフォーマンスチャートには、表示しているページのデータが常に反映されますが、最初のページの下をドリルすると、パフォーマンスチャートのセットが変化します。これらのチャートを理解するために必要なものは次のとおりです。

パフォーマンスチャート

ページ

説明

応答時間

すべてのページ
(APMと
Opentelemetry)

初期ビューのサービス間またはドリルダウンビューのトランザクション間の平均呼び出し時間。 APMの初期ビューには、すべてのコールに基づくメトリックデータとして応答時間が表示されます。 OpenTelemetryの初期ビューには、応答時間がトレースデータとして表示されます。これは、サンプリングされた呼び出しのみに基づいています。

すべてのドリルダウンページの応答時間は、サンプリングされた呼び出しのみに基づくトレースデータとして応答時間を示しています。これが実際のシステムパフォーマンスをどの程度適切に表すかは、実効サンプルレートによって異なります。

スループット

ページを開く
(APMのみ)

2つのサービス間の呼び出しの総数。

エラー率

ページを開く
(APMのみ)

2つのサービス間のコールの1分あたりのエラー数。

トレースされた呼び出し数

ページを開く
(OpenTelemetry)

ドリルダウンページ
(APMと
OpenTelemetry)

2つのサービスまたはトランザクション間の特定のパスに対してサンプリングされた呼び出しの数を表します。リクエストを100%サンプリングしない限り、これは総スループットよりも低くなります。

トレースされたエラーカウント

ページを開く
(OpenTelemetry)

ドリルダウンページ
(APMと
OpenTelemetry)

エラーが発生した2つのサービスまたはトランザクション間でサンプリングされたコールの数。

外部サービステーブル

マップビューのコンパニオンとして、テーブルビューには、関連するすべてのサービスが列形式で一覧表示されます。ページの右上にある[リスト]をクリックすると、マップビューから同じサービスが表示されます。

マップビューと同様に、特定のエンティティ(サービス)をクリックして、ドリルダウンテーブルのトランザクションを表示できます。ドリルダウンして興味深いエンドポイントを見つけたら、[トレース]をクリックして、分散トレースの詳細に切り替えることができます。

各パフォーマンス列の右側には、対応する変化率(変化率)列があります。変化率の計算は、メインタイムピッカーと比較タイムピッカー(比較対象)で選択した時間枠に基づいています。比較時間ピッカーは、メインの時間枠のどれだけ前に比較を開始するかを示します。

応答時間の例を次に示します。現在の時刻が午前11時で、メインの時刻ピッカーが最後の30分で、時刻ピッカーとの比較1時間前の場合:

  • 所要時間は午前10時30分から午前11時までの平均です。
  • 変化率は、午前9時30分から午前10時までの平均と比較されます。

ワークフローの例

典型的なマップワークフローは次のとおりです。

  1. マップ上で最も太くて暗い線を探し、それを上流または下流のサービスまでたどります。

  2. 上流または下流の頂点をクリックします。

  3. 2つのサービス間のトランザクションの内訳を表示します。

    この例では、太いエッジ(線)の1つが、Order-ComposerサービスからOrderStatusサービスのウェアハウスエンドポイントに移動します。

  4. 特定のトランザクションに最も時間がかかっていると判断した場合は、そのトランザクションをクリックして、その依存関係に特に焦点を当てます。

    このドリルダウンビューでは、Order-ComposerサービスとOrder-Statusサービスのウェアハウスエンドポイント間のトランザクションを確認できます。

  5. このフローのどの時点からでも、時間の経過に伴う変化を示すサポートパフォーマンスチャートを参照してください。

  6. ドリルダウンで分散トレースを表示するポイントに到達したら、右上の リスト をクリックしてから、テーブルの トレース をクリックします。

従来の外部サービスを表示する方法

クロスアプリケーショントレースを使用する既存のサービスを監視している場合は、従来の外部サービスビューを引き続き使用できます。デフォルトのビューは拡張された外部サービスであるため、クラシックビューに切り替えるには、[新しいビューを表示]の切り替えをクリックする必要があります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.