• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Pythonイベントループ診断

Python エージェント は、 asyncio イベントループの診断をサポートしています。イベントループをブロックまたは遅延させるトランザクションがある場合、エージェントはそれらを見つけて解決するための診断を生成することができます。

要件

Requires Python agent version 5.0.0.124 or higher.

New Relic UIでの表示

APMでは、イベントループのトランザクションデータは、トランザクションの内訳表とトレースの詳細ページに表示されます。

イベントループのメトリクスは、トランザクションに表示されます ブレイクダウンテーブル

one.newrelic.com > APM & services > (アプリを選択) > TransactionsSee transaction table**を**クリックし、トランザクションを選択します。

他のトランザクションの待ち時間は、トランザクション トレースの詳細 のページに表示されます。

one.newrelic.com APM & サービス > (アプリを選択) > トランザクション > (トランザクション追跡を選択) > 追跡の詳細: 追跡詳細ページには、トランザクション追跡の各セグメント (メソッドまたは関数呼び出し) の内訳を示す表が含まれています。

イベントループ NRQL クエリ

eventLoopTime eventLoopWait属性はNRQLクエリを介して利用可能になります。クエリの例は次のとおりです。

SELECT count(*) as 'count', average(eventLoopTime) as 'loopTime', average(eventLoopWait) as 'loopWait' FROM Transaction facet name

イベントループをどこで診断するか

イベントループの診断は、既存のaiohttp、sanic、Tornadoのインスツルメンテーション・フレームワークを通じてデフォルトで利用できるようになります。Python エージェント API background_taskweb_transaction デコレーター API を使用したコルーチンも asyncio のイベントループをサポートします。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.