• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

Pythonメッセージキュー

Python エージェントは、 Pika RabbitMQ クライアント ライブラリKafka Python クライアント ライブラリ、およびConfluent Kafka クライアント ライブラリをサポートしており、受信メッセージと送信メッセージの両方について、メッセージ処理のパフォーマンスを可視化できます。

New Relic UI は、メッセージの受信 (サブスクライブ/メッセージの消費) によって開始されたトランザクションをメッセージバックグラウンド タスクとして表示します。メッセージの作成は、トランザクション追跡にも表示されます。

要件

メッセージ キュー

Python エージェントのバージョンが必要です

ピカラビットMQ

2.88.0.72

カフカパイソン

8.2.0.181

コンフルエントなカフカ

8.2.0.181

詳細については、リリース ノートを参照してください。

注意

TornadoConnectionを使用しているコンシューマーに対して、RabbitMQ メッセージ タスクが開始されません。

注意

Kafka 経由でメッセージを消費する場合、メッセージがコンシューマーによって消費されるたびに、メッセージごとにトランザクションが報告されます。複数のメッセージが一度に消費される一括消費操作では、トランザクションは報告されません。

バックグラウンドタスクのパフォーマンス改善

Webアプリケーションの応答性を向上させる方法の一つとして、バックグラウンドプロセスに作業を委ねる方法があります。このプロセス間通信には、メッセージキューがよく使われます。

メッセージ キューイング システムのコンテキストでは、アプリケーションは通常、メッセージ ブローカーと対話してメッセージを送受信します。RabbitMQ Pika の場合、このクライアント ライブラリを使用すると、Python アプリケーションは Advanced Message Queuing Protocol (AMQP) 0.9 以降を実装するメッセージ ブローカーとやり取りできます。

Python エージェントは、クライアント ライブラリを使用して送受信されたメッセージを表示します。この可視性により、次のような詳細を確認できます。

  • アプリで生成されたメッセージの数
  • アプリがメッセージの発行/生成に費やす時間
  • アプリがメッセージの処理/消費に費やす時間

APM は、キューとやりとりするオペレーションを便利にグループ化し、レポートします。この情報を分析することで、メッセージパッシングアーキテクチャのボトルネックやパフォーマンス向上のための領域をより簡単に特定することができます。

サポートされる指標

メッセージ キュー

ピカラビットMQ

カフカパイソン

コンフルエントなカフカ

メッセージを公開する

はい -- と呼ばれる Put

はい -- と呼ばれる Produce

はい -- と呼ばれる Produce

メッセージを受け取る

はい -- と呼ばれる Take

はい -- と呼ばれる Consume

はい -- と呼ばれる Consume

シリアル化

いいえ

はい

はい

逆シリアル化

いいえ

いいえ

はい

ハートビート

いいえ

はい

いいえ

New Relic UIでの表示

キュー操作は、選択したアプリの APM の [トランザクション]ページに表示されます。

Put (メッセージのパブリッシュ) およびTake (メッセージの受信) メトリックが内訳テーブルに表示され、RabbitMQ のMessageBrokerメトリックとして分類されます。以下に例を示します。

one.newrelic.com >All capabilities > APM & services > (アプリを選択) > Monitor > Transactions > (トランザクションを選択): トランザクションの Breakdown table [内訳テーブルは] キュー操作を RabbitMQ の MessageBroker メトリクスとして分類し、それらに Putというラベルを付けます。 (メッセージを公開) または Take (メッセージを受信)。

トランザクショントレース メッセージの追加詳細情報も提供しています。

ヒント

トランザクショントレース は、APM のアプリの Summary または Transactions ページから選択できます。

トランザクション追跡の概要ページ[最も遅いコンポーネント]セクションに、RabbitMQ のPut操作とTake操作が表示される場合があります。例えば:

one.newrelic.com >All capabilities > APM & services > (アプリを選択) > (トランザクション追跡を選択): この例では、選択したトランザクション追跡の Summary [概要に] 、RabbitMQ 操作が色付きの棒グラフで表示されます。Slowest components [最も遅いコンポーネント] セクションには、RabbitMQ Put および Take の結果もリストされています。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.