• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

New Relic Code Level Metrics の統合

New Relic CodeStreamを Python エージェントと統合することで、状況依存の APM データを IDE に直接表示します。この統合により、コードレベルの本番テレメトリをエディターで視覚化し、コードを記述およびレビューします。

はじめに

まず、サポートされているIDEにNew Relic CodeStream拡張機能をインストールして、ログインします。

重要

New Relic Code Level Metrics の統合は、Python エージェント バージョン 7.10.0.175 以降で利用でき、デフォルトで有効になっています。この構成を変更するには、ドキュメントを確認してください。

エージェントの属性

Pythonエージェントは、アプリケーションによって生成されたスパンに次の属性を報告して添付します。

名前

説明

code.function

インストルメントされた関数の名前

validate_credentials

code.filepath

code.functionが定義されているソースコードファイルへの絶対パス

/usr/local/apps/test-app/main.py

code.lineno

code.filepathでcode.functionが定義されている行番号

639

code.namespace

code.functionが定義されている名前空間(クラス/モジュール名)

example.service.MyService

重要

アプリケーションコード内のすべての関数が上記の属性でインストルメントされるわけではありません。場合によっては、エージェントは、アプリケーション内で呼び出され、IDE内に表示されないベースフレームワークコード(Django、Flaskなど)を直接ラップします。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.