• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

GAEフレキシブル環境へのPythonエージェントのインストール

Pythonエージェントを使用すると、 Google App Engine(GAE)の柔軟な環境に存在するアプリケーションを監視できます。 GAE flexアプリにエージェントデータを追加すると、アプリの状態とパフォーマンスに関する洞察が得られ、NewRelicUIで表示できるメトリックでGAEが拡張されます。

本ドキュメントでは、これらのいずれかの方法を用いてGAE flexアプリにエージェントデータを追加する方法を説明します。

GAEのネイティブサポートによるデプロイ

Google App Engine の「ネイティブモード」インストールを使用する場合は、アプリコードとapp.yamlファイルを提供します。次に、GoogleAppEngineは標準のビルド済みDockerイメージにデプロイされます。

例えば、Flask/Djangoアプリをネイティブサポートしてデプロイする場合などです。

  1. 標準的な手順に従って、 Python エージェント を、 ライセンスキー を含めてインストールしてください。
  2. NEW_RELIC_CONFIG_FILEnewrelic.iniを指す環境変数として設定します。

エージェントと設定ファイルがインストールされると、Python エージェントは GAE フレックス環境に存在するアプリケーションを自動的に監視できるようになります。デプロイメントが完了するまで待ってから、 APM Summary ページ で GAE flex アプリのデータを確認してください。

Dockerでカスタムランタイムを構築

カスタムランタイムの構築については、 Googleのドキュメントを参照してください 。この例では、Docker のカスタムランタイムを構築して GAE flex アプリにエージェントデータを追加する方法を説明します。

GAEフレキシブル環境でのNode.jsアプリのデプロイと設定については、以下を参照してください。

おすすめです。ヘルスチェックの無効化

Google App Engineは定期的にヘルスチェックリクエストを送信して、インスタンスが正常にデプロイされたことを確認し、実行中のインスタンスが正常なステータスを維持していることを確認します。ヘルスチェックは、URL /_ah/healthへのHTTPリクエストです。

カスタムランタイムを作成する場合は、アプリが大量のヘルスチェックリクエストを処理できなければなりません。そうしないと、アプリのデータがAPMで正しく表示されない可能性があります。

推奨事項:次を追加して、 ヘルスチェックを無効にするようにapp.yamlを構成します。

health_check:
enable_health_check: False

GAEからエージェントのトラブルシューティングログを取得

GAE flex環境アプリのトラブルシューティングには、これらのリソースをご利用ください。

  • GAE インスタンスに接続して、コードを実行している Docker コンテナでシェルを起動するには、 Debugging an instance を参照してください。

  • PythonエージェントログをCloudPlatformConsoleStackdriverにリダイレクトするには、次のステートメントをnewrelic.ini構成に追加します。

    log_file = stderr
  • ログを表示するには、 Cloud Platform ConsoleのLog Viewer を使用します。

Copyright © 2022 New Relic Inc.