• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

newrelic_accept_distributed_trace_headers

構文

newrelic_accept_distributed_trace_headers (array $headers, string $transport_type)

分散型トレースヘッダの配列を受け取ります。

要件

Requires PHP agent version 9.8 or higher.

説明

Distributed tracing では、リクエストが分散システムを通過する際の経路を確認することができます。分散トレースが有効な場合、 newrelic_accept_distributed_trace_headers を使用して、ヘッダのペイロードを受け入れます。これらには、W3C Trace Context と New Relic の分散トレースヘッダーの両方が含まれます。

newrelic.distributed_tracing_exclude_newrelic_header INI の設定により、W3C Trace Context ヘッダのみを受け入れ、New Relic Distributed Tracing ヘッダを無効にすることが可能です。

パラメータ

パラメーター

説明

$headers

アレイ

必須:分散型トレーシングヘッダを含む配列。

トランスポート・タイプ

文字列

オプションです。デフォルトのトランスポート・タイプを上書きする文字列です。

デフォルト値です。

  • HTTP ウェブトラフィックの

  • 不明 非ウェブトラフィック用

    追加で受け入れられる値。

  • AMQP

  • HTTP

  • HTTPS

  • IronMQ

  • JMS

  • カフカ

  • その他

  • キュー

戻り値

戻り値 True ヘッダが正常に受け入れられた場合は、 False を返します。

このAPIメソッドの使用方法やタイミングの例については、 手動で計測するアプリケーションやサービスのドキュメントを参照してください

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.