• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

newrelic_background_job (PHPエージェントAPI)

構文

newrelic_background_job([bool $flag])

トランザクションがバックグラウンドジョブであるかウェブトランザクションであるかを手動で指定します。

要件

すべてのAgentバージョンに対応しています。

説明

エージェントに、この"web" トランザクションを"non-web" トランザクションとして扱うように伝えてください(APMのUIでは、webとnon-webのトランザクションを分けています、例えば Transactions page )。可能な限り早い段階で呼び出します。これは、cronジョブやその他の長時間のバックグラウンドタスクに最もよく使用されます。しかし、エージェントは通常、トランザクションが Web トランザクションか非 Web トランザ クションかを自動的に検出するため、この呼び出しは通常不要です。

オプションのフラグをfalseに設定することで、機能を逆にすることもできます。これにより、「非ウェブ」トランザクションが「ウェブ」トランザクションとしてマークされます。

パラメーター

パラメータ

説明

$flag

ブール値

オプション。デフォルトはtrue件です。

trueまたは省略した場合、現在のトランザクションはバックグラウンド ジョブとしてマークされます。

falseの場合、トランザクションは Web トランザクションとしてマークされます。

バックグラウンド・ジョブとしてトランザクションをマーク

function example() {
if (extension_loaded('newrelic')) { // Ensure PHP agent is available
newrelic_background_job();
}
...
}

トランザクションをWebトランザクションとしてマークする

function example() {
if (extension_loaded('newrelic')) { // Ensure PHP agent is available
newrelic_background_job(false);
}
...
}
Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.