• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

newrelic_disable_autorum (PHPエージェントAPI)

構文

newrelic_disable_autorum()

特定のページでのブラウザモニタリングスニペットの自動注入を無効にすることができます。

要件

エージェントのバージョン 2.6.5.41 以上。

説明

このコールは、現在のトランザクションに対する ブラウザ監視 エージェントの自動注入を無効にします。できるだけ早い段階で呼び出します。 の挿入で問題が発生している場合 や、JavaScript を許可していないサードパーティのサービスにページを提供している場合(例えば Google の加速モバイルページ など)に、このコールを使用して JavaScript を削除することができます。

ヒント

代わりに APIコールで ブラウザモニタリングを有効にするには、以下を参照してください。

パラメータ

このコールはパラメータを受け取りません。

戻り値

true を、New Relic のトランザクション内で呼び出した場合に返します。それ以外の場合、トランザクション外であれば null を返します (例えば、 newrelic_end_transaction() が呼び出されている場合など)。

function example() {
    if (extension_loaded('newrelic')) { // Ensure PHP agent is available
        newrelic_disable_autorum();
    }
    ...
}
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.