• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

.NETエージェントのインストールリソース

このドキュメントには、 .NET エージェントのインストール手順で参照されるリソースと手順の詳細な説明が含まれています。

重要

このドキュメントは、単独のドキュメントとして読むことを意図したものではありません。インストール手順については、 .NET エージェントのインストールを参照してください。

Microsoftの.NETプロファイラー

New Relic の .NET エージェントは、 Microsoft プロファイリング APIに依存して、.NET アプリケーションからデータをレポートします。

New Relic 以外の .NET 監視ソリューションは、このプロファイリング API を使用できます。ただし、一度に 1 つのサービスのみがプロファイラーを使用できます。これは、過去に .NET 監視サービスを使用したことがあり、それを完全に無効化または削除していない場合、プロファイラーがまだ使用されている可能性があることを意味します。これにより、.NET エージェントを有効にしようとすると、プロファイラーの競合が発生します。

.NETエージェントダウンロードライブラリ

New Relic .NET エージェントダウンロード ライブラリには、特定のインストール手順で参照されるインストール ファイル パッケージが含まれています。これらのファイルの詳細については、ダウンロード ライブラリのReadMe ファイルを参照してください。

.NETエージェントの手動インストール用のZipファイル(Windows)

ZIPファイルを使用してエージェントを手動でインストールするには、監視するアプリケーションに適したファイルを選択します。

  1. .NET エージェントのダウンロード サイト に移動し、アプリケーションのアーキテクチャ (64 ビットまたは 32 ビット) に一致するファイルを取得します。

    • .NETFrameworkまたは.NETCore/ .NET 5+(32ビット): NewRelicDotNetAgent_VERSION_x86.zip
    • .NETFrameworkまたは.NETCore/ .NET 5+(64ビット): NewRelicDotNetAgent_VERSION_x64.zip
  2. エージェントフォルダを目的の場所に解凍します。

  3. 監視するプロセスの環境変数を設定します。

    注意

    これらの環境変数をグローバルに設定することはお勧めしません。これらの環境変数をグローバルに設定すると、システムで実行されているすべての.NETプロセスがインストルメント化され、NewRelicにレポートされる可能性があります。エージェントを手動でインストールする場合は、監視するプロセスに対してのみこれらの環境変数を設定する手段があると予想されます。

  4. アプリケーションを再起動します。 IISを使用している場合は、IISを再起動します。

アプリケーションがトラフィックを受信している場合、データは数分以内に表示されます。そうでない場合は、「データが表示されない」を参照してください。

カスタム計装の必要性

.NETエージェントをインストールした後、ほとんどの.NETアプリケーションフレームワークは自動的にデータをNewRelicアカウントに報告します。 (アプリフレームワークの互換性: .NET Framework | .NET Coreを参照してください。)

.NETアプリケーションが自動的にインストルメント化されていないアプリケーションフレームワークを使用している場合、またはアプリにフレームワークがない場合(コンソールアプリなど)、インストール後にアプリのインストルメンテーションを手動で設定する必要があります。これを行う手順は次のとおりです。

  1. アプリケーションとフレームワークに関連するインストール手順に従います。
  2. アプリケーションをカスタムインストルメントして、NewRelicに報告されるアクティビティを定義します。

インストール関連の環境変数

.NETエージェントのインストールには、環境変数の設定が必要です。一部のインストール手順(IISでホストされる.NETアプリケーションなど)では、これらの環境変数は自動的に設定されます。その他のインストール手順については、手動で設定する必要があります。 .NETFrameworkと.NETCoreアプリケーションの両方に必要な環境変数を確認するには、環境変数を参照してください。

環境変数を手動で設定する必要があるインストールの場合、環境変数を介して他の構成オプションを設定することもできます。一般的に設定されている2つを見てみましょう。

  • ライセンス キー。 を設定するための環境変数 は:

    NEW_RELIC_LICENSE_KEY = YOUR_LICENSE_KEY

    これは、 newrelic.configファイルまたはアプリの構成ファイルで設定することもできます。

  • アプリ名意味のあるアプリケーション名を設定することをお勧めしますが、インストール後に設定することもできます。環境変数は次のとおりです。

    NEW_RELIC_APP_NAME = YOUR_APP_NAME

    これは、newrelic.config、アプリの構成ファイル、またはAPIを介して設定することもできます。

スクリプト可能なインストーラー(Windowsのみ)

スクリプト可能なインストーラーは、.NETエージェントをインストールするためのPowerShellスクリプトを含むZIPアーカイブです。 .NETFrameworkと.NETCoreには別々のzipアーカイブがあります。

重要

スクリプト可能なインストーラーよりもMSIインストーラーを使用することをお勧めします。インストールを自動化する場合は、コマンドラインからMSIインストーラーを実行することを検討してください。

重要

.NETエージェントバージョン10.0.0以降、スクリプト可能なインストーラーは使用できなくなりました。このドキュメントは、古いバージョンのスクリプト可能なインストーラーを使用したいお客様のために残されています。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.