• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Windows Communication Foundation(WCF)用の.NETエージェントのインストール

このドキュメントでは、.NETエージェントをインストールしてWCFアプリケーションを監視する方法を説明しています。

WCFアプリケーションのインストール

IISでホストされたWCFアプリに.NETエージェントをインストールするには、以下の手順で行います。

  1. IIS でホストされるアプリの手順を使用して、.NET エージェントをインストールします。

    重要

    セルフホステッド WCF アプリケーション (カスタム Windows サービス、コンソール アプリ、または Windows フォーム アプリとしてホストされる) の場合は、エージェントも有効にする必要があります。IIS でホストされていないアプリの手順のエージェントを有効にする手順を参照してください。

  2. それぞれのWCFアプリに という記述的な名前をつけてください

  3. 監視するイベントの種類に応じて、WCFアプリケーションでASP.NET互換モードを有効または無効にしてください。

アプリケーションがトラフィックを受信している場合、データは数分以内に表示されます。そうでない場合は、「データが表示されない」を参照してください。

このドキュメントはインストールで役立ちましたか。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.