• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

Azure Cloud Servicesへの.NETエージェントのインストール

このドキュメントでは、Microsoft の Azure Cloud Services プラットフォームに APM の .NET エージェントをインストールする方法について説明します。これは、 Microsoft Azure のインフラストラクチャ統合をインストールすることと同じではありません。最も関連性の高い手順を使用していることを確認するには、まず .NET エージェントのインストール を参照してください。

重要

マルチプロジェクトのVisual StudioソリューションにNuGetパッケージをインストールする前に、New Relic .NETアプリケーションのプロジェクトが正しく選択されていることを確認してください(例えば、特定のウェブサイトのプロジェクトなど)。

WebまたはWorkerロールの位置を確認する

サービス のファイルが ソリューション のフォルダー内に入れ子になっている場合、NuGet インストーラーは必要なファイルを見つけたり更新したりすることができません。これにより、.NETエージェントのセットアップに問題が生じ、エージェントがクラウドサービスのメトリクスを報告できなくなります。

推奨事項: NuGet パッケージをインストールする前に、 WebまたはWorkerの役割をソリューションのルートに配置してください。New Relic .NET エージェントがインストールされたら、Cloud ロールをSolutionフォルダーに戻すことができます。

クラウドサービスのNuGetパッケージのインストール

マルチプロジェクトソリューションの場合は、NuGetパッケージをインストールする前に、正しいプロジェクト(例えば、特定のWebサイトプロジェクト)が選択されていることを確認してください。

  1. Visual Studio ソリューションを開くか、 File> New> Project を選択して新しいソリューションを作成します。マルチプロジェクト・ソリューションの場合は、正しいプロジェクトを選択していることを確認してください(たとえば、特定のWebサイト・プロジェクトなど)。
  2. ソリューションにまだ Azure Cloud Service プロジェクトがない場合は、 Solution Explorer でアプリを右クリックし、 Add Windows Azure Cloud Service Project を選択して追加します。
  3. Package Manager コンソールを Tools> Library Package Manager> Package Manager コンソール を選択して開きます。あなたのプロジェクトをデフォルトのプロジェクトとして設定します。
  4. パッケージ マネージャーのコマンド プロンプトでInstall-Package NewRelicWindowsAzureと入力し、 Enterを押します。
  5. 画面の指示に従って、 New Relic ライセンスキー と、 アプリケーション名 を New Relic UI で表示されるように入力します。または、ソリューション名をデフォルトのアプリ名として使用します。
  6. 「ソリューション・エクスプローラー」から 「Azure Cloud Service」プロジェクトを右クリックし、 「発行」 を選択します。
  7. このアプリを初めてAzureにデプロイする場合は、Azureの認証情報を入力します。
  8. 該当する場合は、 Workerロールのメソッドを計測します。

インストゥルメント・ワーカーの役割

Workerロールは、Azure クラウド サービスとして実行される非 Web プロセスです。Workerロールを計測するには、カスタム トランザクションを作成する必要があります。

.NET エージェントは、外部呼び出しとデータベース呼び出しを自動的に計測しますが、トランザクションの既定のメソッドは計測しません。カスタム トランザクションを作成すると、これが解決されます。Workerロールが開始され、メソッドが実行されると、トランザクション データが APM の[概要] ページと [トランザクション]ページの非 Webカテゴリに表示されます。

NuGet インストーラーは、 NewRelic.AppNameパラメーターをアプリケーション構成に自動的に追加します。これはE:\approot<YOUR_WORKER_ROLE_NAME>.dll.configとして表示されます。

.NET エージェントはWaWorkerHost.exeも自動的に計測します。これは、実際のWorkerロール プロセスの名前です。

オプションカスタム設定ファイルの作成

Visual Studio でカスタム構成ファイルを作成できます。これにより、変更を加えるたびに Azure ロール インスタンスにリモートでアクセスする必要がなく、Visual Studio 内でnewrelic.configに変更を加えることができます。アプリを発行するたびに、Visual Studio の構成ファイルが自動的にリモート ホストにアップロードされます。

インストールウィザードで行った選択は重要ではありません。ローカルにインストールしても、Azureの開発環境には影響しません。

  1. Visual Studio で、ソリューション エクスプローラーを選択し、 NewRelicAgent_x64_XYZ.msiを開きます。

  2. 手順に従って、エージェントをローカルにインストールします。

  3. newrelic.configをプロジェクトにインポートします。ソリューション エクスプローラー > クラウド プロジェクトWeb ロールを右クリックし、追加 > 既存の項目を選択します。C:\ProgramData\New Relic\.NET Agentに移動し、 newrelic.configを選択します。

  4. C:\ProgramData\New Relic\.NET Agentから、 newrelic.cmdを編集します。

  5. :INSTALL_NEWRELIC_AGENTセクションで、次のステートメントを見つけます。

    IF $ERRORLEVEL% EQU 0 (
  6. 次のコードを別のステートメントとしてIFブロック内に追加し、ファイルを保存します:

    copy /Y "%RoleRoot%\approot\newrelic.config" "%NR_HOME%" >> %RoleRoot%\nr.log

Visual Studio でホストされているnewrelic.configを編集できるようになりました。アプリを公開するたびに、 copyコマンドは構成ファイルをリモート ホストにアップロードします。

アプリのパフォーマンスを見る

New Relic でアプリケーションのパフォーマンスを表示するには、アプリケーションがトラフィックを受信する必要があります。データが表示され始めるまでに数分かかる場合があります。データが表示されない場合は、Azure クラウド サービスの トラブルシューティング手順を 参照してください。APM でアプリのパフォーマンスを表示するには: one.newrelic.com > All capabilities > APM & services > (アプリを選択)に移動します。APM Summary ページが 自動的に表示されます。

このドキュメントはインストールで役立ちましたか。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.