• ログイン無料アカウント

サーバーサイドのエージェント設定

サーバーサイドコンフィグレーションは、一部のコア設定を言語エージェントの設定ファイルからNew Relicコレクターに移行します。言語エージェントに応じて、以下の設定を利用できます。

  • トランザクショントレース
  • SQLレコードとロギング
  • SQLクエリプラン
  • エラー収集
  • スレッドプロファイリング
  • ディストリビューティッド(分散)トレーシング
  • クロスアプリケーショントレーシング

要件

C SDKエージェントまたはPHPエージェントでは、サーバーサイドコンフィグレーションを使用できません。

一元化とセキュリティ

サーバーサイドコンフィグレーションを使用すると、New Relicサーバーサイドから利用できる設定を簡単に管理できます。環境設定の一元化は、標準への準拠とセキュリティ管理にも役立ちます。

APMエージェントが複数のホストにまたがる場合にも、監視対象のアプリケーションへの変更はそのアプリケーションをモニタリングしているすべてのエージェントに自動的に適用されます。エージェントを設定できない場合、ローカル設定に従います。

サーバーサイドコンフィグレーションの優先順位

この機能の便利なところは、デプロイメントや再起動を行わなくてもNew Relic側から直接設定を管理できる点です。設定変更のオプションと、環境変数やその他の設定オプションを使用するときの優先順位は、使用している言語エージェントによります。

設定の階層については、詳しくは個々のエージェントの図をご覧ください。

UIから設定する

C SDKとPHPエージェントは、サーバーサイドコンフィグレーションに対応していません。監視対象アプリケーションのサーバーサイドコンフィグレーションをUIから有効にするには、次の手順を実行します。

  1. one.newrelic.comに移動し、APMをクリックします。
  2. アプリをクリックします。次に、設定 > アプリケーション > サーバ側エージェントの構成の順にクリックします。

サーバーサイドコンフィグレーションを有効にすると、UI経由で利用可能な設定を表示および変更できるようになります。

NerdGraph APIから設定する

NerdGraphでこれを有効にする方法については、NerdGraphチュートリアルを参照してください。

サーバーサイドコンフィグレーションの表示または変更

サーバーサイドコンフィグレーションを使用する場合は、ローカル設定ファイルに引き続きlicense_keyおよびapp_nameを含める必要があります。これらの設定は、エージェントがNew Relicコレクターとやり取りするために必要です。

C SDKとPHPエージェントは、サーバーサイドコンフィグレーションに対応していません。他のNew Relicエージェントを使用するアプリケーションに対して、UIを介してサーバーサイドコンフィグレーションの利用可能な設定を表示または変更するには:

  1. one.newrelic.comに移動し、APMをクリックします。
  2. アプリをクリックします。次に、設定 > アプリケーション > サーバ側エージェントの構成の順にクリックします。

UIからこれらのオプションを設定すると、エージェントの設定ファイル内の競合するオプションは上書きされます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.