• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

ディプロイメントをモニター(Javaエージェント)

New Relicでは、アプリケーションのデプロイメントに関する情報をコマンドラインから送信できます。UIのDeploymentsページで、デプロイメント情報を表示することもできます。one.newrelic.com > All capabilities > APM & services > Applications >(アプリを選択)> Events > Deploymentsの順に移動します。

インストール

インストールプロセスでは、app_nameファイルのnewrelic.ymlを分かりやすい名前に変更します。デプロイメントのアップロードスクリプトは、アプリケーションの名前を使用して、アプリケーションのすべてのインスタンスをデプロイメントに関連付けます。スクリプトを実行するたびに、新しいデプロイメントがNew Relicに報告されます。

たとえば、デプロイメントマーカーを設定して、アプリケーションの100個のインスタンスをプッシュすると、デプロイメントページには、100個のインスタンスに対して単一のデプロイメントが表示されます。スクリプトを再度実行すると、別のデプロイメントが表示されます。

インストールプロセスの一環として、app_nameを変更した後に、このエントリをnewrelic.ymlセクションのcommonに追加します。

api_host: rpm.newrelic.com

EU地域のデータセンターに接続しているお客様は、代わりに次のエントリを使用する必要があります。

api_host: rpm.eu.newrelic.com

コマンドライン

Javaエージェントjarから New Relic にデプロイメント情報を送信するには、コマンドラインから以下のコマンドを実行します。

bash
$
java -jar newrelic.jar deployment DEPLOYMENT_OPTIONS

これらのオプションの値は、deploymentコマンドを使用して含めることができます。

Deploymentのオプション

説明

--appname=NAME

アプリケーション名を設定します。デフォルトをapp_nameからnewrelic.ymlに設定します。

--environment=NAME

NEW_RELIC_ENVIRONMENTまたはnewrelic.environmentシステムプロパティをオーバーライドします。

--user=USER

変更をデプロイしているユーザーを指定します。

--revision=REV

デプロイするリビジョンを指定します。

--changes

標準入力から変更ログを読み取ります。たとえば、以下のように変更ログをパイプ処理できます。

bash
$
echo "get SHA-1 34837888734" | java -jar newrelic.jar deployment DEPLOYMENT_OPTIONS --changes

プロキシ設定

Javaエージェントは、newrelic.ymlファイルからプロキシ設定を取得しません。推奨:アプリケーションでプロキシを使用する場合は、以下のいずれかの方法によってデプロイメントを記録します。

  • プロキシ設定を手動でJavaコマンドに渡します。
  • New Relic REST API v2を使用します。

REST API

コマンドラインを使用することに加えて、New Relic REST API v2を使用してデプロイメントを記録できます

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.