• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

API出力のパジネーション

New Relic REST API (v2) は、パフォーマンス上の理由から、一部のレスポンスをページネーションします。これは、データセット全体を返すことが可能なクエリもあれば、非常に大量のデータを返すクエリもあるためです。

要件と制限

  • メトリックデータのリターン。

    • 一部のお客様のメトリクス出力で、ページネーションが利用できなくなりました(2020年12月より非推奨)。
    • セルあたり最大3000件の結果を返します。大量の結果を得るためには、アプリケーションIDや他の属性を使ってクエリを絞り込むことをお勧めします。
  • 返されたデータのソート順は不確定です。特定の順序を仮定したり、依存したりしないでください。

ページごとに返されるデータは、どのようなデータが要求されているかによって異なります。ページ数は、リストを完成させるために必要なJSONオブジェクトの数によって異なります。

重要

メトリック名を記載する前に、 メトリック名記載のガイドライン を参照してください。

特定のページをリクエストする

ページを指定するには、クエリに page= というパラメータを追加します。以下はその例です。

curl -X GET 'https://api.newrelic.com/v2/alerts_incidents.json?page=3' \
     -H 'Api-Key:$API_KEY' -i

REST API Explorerでは、 閲覧しているページを素早く変更することができます

API コールは、データがページ分割されている場合、 Link ヘッダを返します。これは、ページ数と閲覧中のページを示します。この行は、REST API Explorer の Response の上部にも表示されます。

重要

リンクヘッダは、出力データがページネーションされている場合にのみ表示されます。

ヒント

rel="last" referenceは、Violationsエンドポイント(https://api.newrelic.com/v2/alerts_violations.json)への呼び出しの際には表示されません。このエンドポイントを呼び出す際に最終ページを決定するには、 rel="next" の参照がないことを確認してください。

curl の一部の実装でこの行を取得するには、 -v オプションを含める必要があるかもしれません。

curl -v -X GET 'https://api.newrelic.com/v2/applications/$APP_ID/...'

New Relic では、リンクに RFC 5988 の標準フォーマットを使用しています。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.