• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

ワークフロー

ワークフローでは、課題に関する通知をいつ、どこで受け取るかをコントロールし、適切な情報を関連する担当者やチームにトンネリングし、課題の通知をNew Relicの追加データで充実させることができます。

イシューとは?

問題は、症状の根本的な問題を説明するインシデントのグループです。新しいインシデントが作成されると、インシデント インテリジェンスによって問題がオープンされ、他の未解決の問題の相関関係が評価されます。詳細については、 「インシデント インテリジェンスの使用」を参照してください。

まだお持ちでない場合は、以下で無料の New Relic アカウントを作成して、今すぐデータの監視を開始してください。

ワークフローはどのようにトリガーされますか?

ワークフローは、ワークフロー フィルターと一致する通知トリガーに一致する課題の課題イベントによってトリガーされます。 ワークフローはデフォルトで推奨トリガーを使用して構成されていますが、3 つの点をクリックしてNotify whenを選択すると、宛先ごとに通知をトリガーするタイミングを制御できます。 Activated通知トリガーも有効にする必要があります。

次のイベントは、ワークフローをトリガーし、関連する宛先エンドポイントに通知を送信します。

通知トリガー

説明

デフォルトで通知される宛先

アクティブ化

問題がアクティブ化されました

問題の状態が CREATED から ACTIVATED に変わります

すべての目的地

承認済み

問題は、通知、問題ページ、またはサードパーティの統合を通じて、ユーザーによって確認されます

問題はユーザーによって確認され、確認済みとしてマークされました

Webhook、PagerDuty、Slack、メール、モバイル アプリ

閉まっている

問題はクローズされました。

問題は、すべてのインシデントがクローズされたか、TTL が終了したか、 Inactive が長すぎたためクローズされました

すべての目的地

優先度が変更されました

問題の優先度が引き上げられました

問題のインシデントが高優先度から重大な優先度の問題になりました

Webhook、イベント ブリッジ、ServiceNow、Jira

その他のアップデート

インシデントが問題に追加された、インシデントがクローズされた、または別の問題がこの問題にマージされた

インシデントが解決されました

Webhook、Event Bridge、ServiceNow、Jira、PagerDuty (アカウント統合)

必要な権限

ワークフローを使用するには、特定の 権限が必要です。

  • 宛先にアクセスするには: Applied intelligence > Destinations または Alertsに対するView 権限。
  • ワークフローにアクセスするには: Applied intelligence > Workflowsに対するView 権限。
  • ワークフローを作成するには: Applied intelligence > Workflows および Applied intelligence > Channelsに対するModify 権限。
  • ワークフローを変更するには: Applied intelligence > Workflows に対するModify 権限、および Applied intelligence > Channelsapplied_intelligence.create.workflowに対するすべての権限。
  • ワークフローを削除するには: Applied intelligence > Workflows および Applied intelligence > Channelsに対するDelete 権限。

ワークフローの追加

ワークフロー機能は、 Alerts メニューの下にあります。

  1. one.newrelic.com > All capabilities > Alerts > Enrich and Notify > Workflow > Add a workflowに移動します。

  2. ワークフローの名称を入力してください。このフィールドは必須で、ユニークである必要があります。

  3. ワークフローを使用して、問題をフィルタリングし、関連する宛先に送信します。クエリを作成して、適切な問題をフィルター処理できます。

    ヒント

    WARNING件のインシデントに個別の通知を設定するには、優先度がHIGHの課題でフィルタします。

  4. 属性、演算子、および値を選択してクエリを作成し、伝えたい問題を絞り込みます。

    ヒント

    ワークフロー フィルターには、過去の問題のデータと、条件メタデータ (条件名など) の静的な値が自動的に入力されます。 探している値が見つからない場合は、値を入力してEnter newを選択します。 フィルターが過去の問題と一致しないという警告が表示される場合があります。

  5. 推奨: チーム タグで問題をフィルター処理して、エンティティが問題に含まれている場合にすべてのチームに通知できるようにします。手順は、以下のデモにあります。

    タグの使用に関するヒントについては、 ワークフロー パターンに関するサポート フォーラムの投稿を参照してください。

  6. オプションです。データを充実させる

  7. 通知する1つまたは複数の送信先を選択し、任意のメッセージを追加します。

    ヒント

    任意の宛先チャンネルで入力を開始すると、変数メニューが開きます。 変数の名前が表示されます。これは実行時に変数の値に置き換えられます。エンリッチャーの結果を使用するには、その名前を使用します。

  8. 通知者の要件を満たしたら、 update messageをクリックします。

  9. オプション: ワークフローをテストします。アカウントの既存のデータを使用して、新しい構成でサンプル通知を送信します。テストは、フィルターに一致する既存の問題がある場合にのみ機能します。データがない場合は、次のメッセージが表示されます: We don't see any issues matching your filter. That doesn't mean it won't work

  10. Update workflowをクリックしてワークフローを完了します。

重要

デフォルトでは、アカウントごとに最大 1000 のワークフローを作成できます。アカウント担当者に連絡して、上限の引き上げをリクエストできます。

ワークフローのフィルターのサイズには 4096 文字の制限もあります。 この制限を増やすことはできません。

発行通知ログ

問題通知ログは、ワークフローによって生成されたすべての通知を追跡するための詳細な記録をユーザーに提供します。この情報により、問題のトラブルシューティングが行われ、ワークフローのパフォーマンスが監視され、通知が正しい宛先に送信されていることを確認できます。その結果、ユーザーは発生する可能性のある問題を迅速に特定し、必要に応じて修正措置を講じることができます。

問題通知ログにアクセスするには、 one.newrelic.com > Alerts > Workflowsに移動し、 Issue notification logをクリックします。

問題通知ログには、次の列が表示されます。

  1. Time:

    この列には、ワークフロー通知が送信された時間が表示されます。

  2. Status:

    この列には、通知のステータスが表示されます。

    • 送信済み: New Relic から通知が正常に送信されました。
    • 失敗: 通知は New Relic から正常に送信されませんでした。
    • Deferred: 通知は New Relic から正常に送信されましたが、ベンダーによって削除されました。
  3. Destination:

    この列には、ワークフロー通知を受信する宛先の種類 (Slack や電子メールなど) が表示されます。

  4. Issue Name:

    この列には、ワークフロー通知をトリガーした問題の名前が表示されます。

  5. Trigger Event:

    この列には、ワークフロー通知をトリガーした発行イベントが表示されます。 イベントをクリックすると、ワークフローがどのようにトリガーされるかに関する詳細情報が表示されます。

  6. Workflow:

    この列には、通知をトリガーしたワークフローが表示されます。

  7. Error Details:

    通知が失敗した場合、この列には追加の詳細が表示されます。

  8. Notification Result:

    この列には、通知が正常に送信された場合、サードパーティの証拠 (Slack スレッドや JIRA チケットなど) へのリンクが表示されます。

NrAiNotification

NrAiNotification イベントを使用して、問題通知からのすべての情報をクエリできます。

このクエリを使用して、ワークフローから送信されたすべての通知を宛先タイプごとに表示します。

FROM NrAiNotification
SELECT count(*)
FACET destinationType

詳細を表示

ユーザーは、問題通知ログの任意の行をクリックすると、追加の詳細を表示できます。これにより、エラーの詳細 (該当する場合) とサードパーティの通知へのリンクが表示されます。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.