• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

ワークフロー変数

New Relic の応用インテリジェンス ワークフローに使用される変数の説明。

ワークフローを作成するとき、変数を使用して、a) どのタイプの問題が通知を生成するか、b) 通知ペイロードの内容に何を含めるかを制御できます。このスクリーンショットは、通知ペイロード セクションを示しています。

変数

ワークフロー変数とその説明は次のとおりです。

キー (グループ化に使用される最初の単語)

表示名 (グループ化に使用される最初の単語)

説明

accumulations.conditionDescription

conditionDescription

条件のカスタム インシデントの説明。

accumulations.conditionFamilyId

conditionFamilyId

インシデントを生成したインシデント検出条件の ID。

accumulations.conditionName

アラート条件名

New Relic の条件が違反されました。

積立状態商品

アラート状態の製品

New Relic の状態タイプ。

蓄積.deepLinkUrl

インシデントのコールバック URL

関連するインシデント コールバックへの直接リンク。

Accumulations.evaluation.metricValueFunction

カスタム指標値関数

カスタムメトリック値関数。

累積.評価.名前

条件メトリック名

条件メトリック名

蓄積.nrqlQuery

NRQLクエリ

条件のNRQLクエリ。

蓄積.起源

発行元

インシデントを作成した New Relic またはサードパーティのソース。

accumulations.policyName

アラートポリシー名

インシデントを生成したインシデント検出ポリシー名。

蓄積.runbookUrl

ランブックの URL

Runbook URL のリスト。

蓄積.ソース

発行元

インシデントを報告するシステム。

蓄積.タグ.アカウント

New Relic アカウント

New Relic アカウント。

Accumulations.tag.affectedService

影響を受けるサービス

影響を受けるサービスのリスト。

累積.タグ.割り当てグループ

担当グループ

割り当てグループのリスト。

蓄積.タグ.原因サービス

コーズサービス

原因サービスのリスト。

承認者

承認者

問題を認識したユーザー。

activatedAt

問題が発生した時刻

問題のアクティブ化のタイムスタンプ。

annotations.description

問題の説明

すべてのインシデントの説明のリスト。

アノテーション.タイトル

問題のタイトル

すべてのインシデントのタイトルのリスト。

注釈.ワイルドカード

アラート ファセット

アラート ファセット。

閉鎖者

閉店日

問題をクローズしたユーザーの ID。

closedAt

課題の終了日

問題が終了したときのタイムスタンプ。問題がクローズされていない場合は null。

閉鎖インシデント数

クローズされたインシデント数

この問題に関してクローズされたインシデントの合計数。

createdAt

課題の作成日

問題作成時のタイムスタンプ。

dataMLModules.components

機械学習コンポーネント

New Relic の応用インテリジェンス機械学習コンポーネントのリスト。

dataMLModules.goldenSignals

機械学習のゴールデンシグナル

New Relic の応用インテリジェンス機械学習ゴールデン シグナルのリスト。

dataMLModules.suggestedResponders

機械学習が提案する応答者

(非推奨) New Relic 応用インテリジェンス機械学習が提案するレスポンダーのリスト。

entitiesData.Entities

影響を受けるエンティティのデータ

影響を受けるエンティティの名前、ID、タイプ、種類を説明するオブジェクトのリスト。

entitiesData.ids

影響を受けるエンティティ ID

影響を受けるすべてのエンティティ ID のセット。

エンティティデータの種類

影響を受けるエンティティの種類

影響を受けるすべてのエンティティの種類のセット。

entitiesData.names

影響を受けるエンティティ名

影響を受けるすべてのエンティティ名のセット。

entitiesData.types

影響を受けるエンティティのタイプ

影響を受けるすべてのエンティティ タイプのセット。

影響を受けたエンティティ数

影響を受けるエンティティの数

この問題の影響を受けるエンティティの数。

incidentIds

インシデントID

問題のすべての集約インシデントのリスト。

isCorrelated

問題は相関しています

問題に相関がある場合 (true、false)。

認められている

問題は認識されています

問題が認識された場合 (true、false)。

issueAckUrl

発行確認URL

問題を確認するための直接リンク。

issueCloseUrl

クローズURLを発行する

問題を解決するための直接リンク。

issuePageUrl

発行ページのURL

関連する問題ページへの直接リンク。

issueActivatedAtUtc

Issue ActivatedAt UTC string

UTC での発行アクティベーションの文字列形式。

issueClosedAtUtc

課題の終了時刻(UTC) string

UTC での問題終了の文字列形式。

issueCreatedAtUtc

Issue CreatedAt UTC string

UTC での問題作成の文字列形式。

問題確認済み

AcknowledgedAt 文字列を発行する

UTC で確認された問題の文字列形式。

発行終了時刻

ClosedAt 文字列を発行する

UTC での問題終了の文字列形式。

issueDurationMs

発行期間 (ミリ秒)

問題が開始されてからのミリ秒数。

issueDurationText

テキストの問題の期間

問題の期間を人間にわかりやすく表現したもの。

issueId

課題ID

問題の一意の ID。

問題のタイトル

問題のタイトル

通常、最初の事件のタイトル。

issueUpdatedAt

UpdatedAt UTC 文字列を発行します

問題更新のタイムスタンプ (UTC)。

labels.accountIds

環境に関連付けられたアカウント ID を発行する

New Relic に適用されたインテリジェンス環境に関連付けられたアカウント ID。

labels.aggregationKeys

アラート集約キーにラベルを付ける

New Relic インシデント検出の元のインシデント ID。

labels.originalAccountIds

アカウントIDにラベルを付ける

インシデント検出ポリシーのアカウント ID。

labels.policyIds

アラートポリシーIDにラベルを付ける

インシデントを生成したインシデント検出ポリシー ID。

ラベル.targetId

ターゲット ID

ターゲットID。

ミュート状態

ミューティング状態を発行する

計算された問題のミュート状態 (MUTED、NOT_MUTED)。

nrAccountId

アカウントID

アカウントID。

openIncidentsCount

未解決のインシデント数

この問題に関する未解決のインシデントの合計数。

所有者 (オーナー)

オーナー

問題を認めた人。

ポリシーの URL

アラートポリシーのURL

アラート ポリシーの URL。

プライオリティ

発行の優先度

問題の優先度レベル (CRITICAL、HIGH、MEDIUM、LOW)。

プライオリティーテキスト

発行優先テキスト

発行の優先度を小文字で表します (Critical、High、Medium、Low)。

実際の問題数

発行数

発行数。

ステート

問題の状態

問題のライフサイクル状態 (CREATED、ACTIVATED、CLOSED)。

ステートテキスト

発行状態のテキスト

問題のライフサイクル状態を小文字で示します (アクティブ (オープン)、クローズ)。

ステータス

発行相関ステータス

問題の相関ステータス。

トータルインシデント

インシデント数

問題内で集計または関連付けられているインシデントの数。

triggeredAt

発生した問題

トリガーされた問題通知のタイムスタンプ。

triggerEvent

発行通知トリガーイベント

通知トリガー イベント (STATE_CHANGE、INCIDENT_ADDED、INCIDENT_CLOSED、CLOSE_INACTIVE、CLOSED_TTL、USER_ACTION、PRIORITY_CHANGED、MERGE_REQUEST)。

updatedAt

問題の更新日時

最後に更新された問題のタイムスタンプ。

違反グラフの URL

インシデントチャートのURL

インシデントチャート画像へのリンク。

ワークフロー名

ワークフロー名

トリガーされたワークフローの名前。

ワークフローのデータエンリッチメントの例

条件に違反したエンティティに関する情報を取得するには、クエリの where ステートメントの一部としてカスタム変数を使用できます。たとえば、EC2 インスタンスの状態を取得するには、次を使用します。

SELECT latest(ec2State) FROM ComputeSample where provider = 'Ec2Instance' and entityName in {{entitiesData.names}}

クエリは単一のフィールドのみを使用するため、このクエリは単一の値(たとえば、 stopped )を返します。変数entitiesData.namesは、エンティティの識別子のリストです。他のエンティティプロパティも同じように使用できます。

カスタム変数を使用することで、ワークフローのデータクエリをさまざまな方法で強化することができます。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.