• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ワークフローの変数

ワークフローに使用される変数の説明.

変数

issue entityの変数を使用して、送信したいissueの種類と通知に表示されるメッセージ・テンプレートを選択します。

ここに、変数の包括的なリストがあります。

キー(最初の単語がグループ化に使われます)

表示名(最初の単語はグループ化に使用されます)

説明

accumulations.conditionDescription

conditionDescription

条件のカスタム違反の説明

accumulations.conditionFamilyId

conditionFamilyId

違反を発生させたインシデント検出条件のID

accumulations.conditionName

アラートコンディション名

New Relicの違反状態

アキュムレーション.オリジン

発行元

問題を発生させたNew Relicまたはサードパーティのソース

accumulations.policyName

アラートポリシー名

違反が発生したインシデント検知ポリシー名

アキュムレーション.ソース

発行元

ソースから報告されたターゲットシステム

activatedAt

イシュー・アクティベート・アット

課題起動のタイムスタンプ

annotations.description

課題内容

全インシデント記述のリスト

アノテーション.タイトル

課題名

全インシデントのタイトル一覧

closedAt

課題の終了日

課題のクローズのタイムスタンプ、課題がクローズされていない場合はnull

createdAt

課題の作成日

課題作成時のタイムスタンプ

entitiesData.Entities

影響を受けた事業者のデータ

衝撃を受けたエンティティの名前、ID、タイプ、種類を記述したオブジェクトのリスト

entitiesData.ids

影響を受けた事業者のID

影響を受けたすべてのエンティティIDのセット

エンティティデータの種類

影響を受けた事業者の種類

影響を受けるすべてのエンティティの種類のセット

entitiesData.names

影響を受ける組織名

影響を受けるすべてのエンティティ名のセット

entitiesData.types

影響を受ける事業者の種類

影響を受けるすべてのエンティティタイプのセット

incidentIds

インシデントID

問題のすべての集約されたインシデントのリスト

isCorrelated

問題は相関している

イシューは相関しているか

issuePageUrl

課題ページのURL

関連する課題のページへの直接リンク

issueActivatedAtUtc

Issue ActivatedAt UTC string

課題の有効化(UTC)の文字列形式

issueClosedAtUtc

課題の終了時刻(UTC) string

UTCにおけるissue closureの文字列フォーマット

issueCreatedAtUtc

Issue CreatedAt UTC string

UTCでの課題作成の文字列形式

issueId

課題ID

課題の一意のID

labels.accountIds

課題環境 関連するアカウントID

アカウントIDに関連付けられた新しいRelicアプライドインテリジェンス環境

labels.aggregationKeys

ラベル アラート アグリゲーションキー

New Relic Incident detection オリジナルのインシデントID

labels.originalAccountIds

ラベル アカウントID

インシデント検知ポリシーのアカウントID

labels.policyIds

ラベル・アラート・ポリシーID

違反が発生したインシデント検出ポリシーID

プライオリティ

課題の優先順位

課題の優先度

プライオリティーテキスト

課題 優先度 テキスト

課題の優先順位を小文字で表示

ステート

課題 州

課題の現状

ステートテキスト

発行状態のテキスト

課題の状態を小文字で表示

ステータス

課題状況

課題の現在のマージ ステータス

トータルインシデント

インシデント数

イシューの中で集約または相関しているインシデントの数

triggeredAt

イシュー・トリガー・アット

通知された課題のタイムスタンプ

triggerEvent

課題通知トリガーイベント

通知トリガーイベント

updatedAt

問題の更新日

課題の最終更新日のタイムスタンプ

ワークフロー名

ワークフロー名

トリガーされたワークフローの名前

ワークフローのデータエンリッチメントの例

条件に違反したエンティティに関する情報を取得するには、クエリのwhereステートメントの一部としてカスタム変数を使用できます。たとえば、EC2インスタンスの状態を取得するには、次を使用します。

SELECT latest(ec2State) FROM ComputeSample where provider = 'Ec2Instance' and entityName in {{entitiesData.names}}

クエリは単一のフィールドのみを使用するため、このクエリは単一の値(たとえば、 stopped )を返します。変数entitiesData.namesは、エンティティの識別子のリストです。他のエンティティプロパティも同じように使用できます。

カスタム変数を使用することで、ワークフローのデータクエリをさまざまな方法で強化することができます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.