• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

カバレッジのギャップと条件の推奨事項をアラートで通知

アラート カバレッジのギャップは、スタック内でアラート カバレッジが不足している領域を強調表示します。アラートと AI セクションでは、未カバーの APM、ブラウザ、モバイル エンティティを含む ホームページを作成しました 。これにより、チームにどのような情報が不足しているかを評価し、カバー範囲のギャップに対処できます。

ますますダイナミックになる状況において、私たちはスタックの最上位に留まり、何か問題が発生した場合に積極的に通知を受けることがいかに重要であるかを理解しています。しかし、チームが成長したり変化したりすると、必要なときに必要なアラートを受信しているかどうかを知ることが難しくなることがあります。アラート カバレッジ ギャップにより、チームが 現在カバーしていないすべてのエンティティの包括的なリストがチームに提供されます。

エンティティをカバーするとはどういう意味ですか?対象のエンティティとは、特定のエンティティのパフォーマンスを通知する アラート を設定していることを意味します。たとえば、APM エンティティのスループットが 1 分あたり 100 リクエストを超えた場合にインシデントを開始するアラート条件を作成したとします。カバーされていないエンティティは、監視されていないシステムの一部であり、チェックされていない不健全な動作が存在する可能性があることを意味します。 アラート カバレッジ ギャップ を作成して、未検出のエンティティを強調表示することで、チームが貴重なデータを見逃さず、インシデントが発生する前に防ぐことができます。

カバレッジ ギャップを見つける

アラート カバレッジ ギャップ ページを開くには、 one.newrelic.com > Alerts & AI に移動し、左側のナビゲーション ペインで Alert coverage gaps [アラート カバレッジ ギャップ] を選択します。そこには、現在カバーされていないすべてのエンティティのリストが表示されます。

対象となるエンティティに応じて、このページには次のタブが含まれる場合があります。

  • APM
  • ブラウザ
  • モバイル

Browser または Mobileのカバーされていないエンティティがない場合、その特定のタブは表示されません。

one.newrelic.com >Alerts & AI に移動し、左側のナビゲーション ペインで Alert coverage gaps [アラート カバレッジ ギャップ] を選択します。このオプションを選択すると、監視されていないすべてのエンティティのリストが表示されます。

アラート カバレッジ ギャップからアラートを作成する

監視するエンティティを選択したら、異常な動作をチームに通知するアラート条件を作成できます。

New Relic は、選択したエンティティと特定のシステムに基づいて、監視する必要があると思われる状態を動的に提案します。推奨されるアラートには、エラーの割合、apdex、または応答時間などがあります。

エンティティ タイプに定義されている ゴールデン メトリクスに基づいて、推奨されるアラート条件が取得されます。推奨されるアラート条件が表示されない場合は、監視したいアラート条件を選択すると、この信号が通常のベースライン (上下) から 3.00 標準で少なくとも 5 分間逸脱すると、チームにアラートが送信されます。逸脱。

アラート カバレッジ ギャップからアラートを作成するには:

  1. one.newrelic.com > Alerts & AI に移動し、左側のナビゲーション ペインで Alert coverage gaps [アラート カバレッジ ギャップ] を選択します。

  2. アラートを作成するエンティティで Add alerts [アラートの追加] をクリックします。

  3. ご希望の推奨条件を追加してください。

    監視されていないエンティティのアラートを作成するには、 one.newrelic.com > Alerts & AIに移動し、左側のナビゲーション ペインで Alert coverage gaps [アラート カバレッジ ギャップ] を選択し、Add alert [アラートの追加]]をクリックします。

  4. Next[次へ]をクリックします。

  5. 通知を受け取るポリシーを選択します。すべてのアラート条件は ポリシー を通じてルーティングされる必要があるため、既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成する必要があります。アラート条件に関連付けられたポリシーを選択または作成したら、 宛先の追加が必要になる場合があります。宛先とは、New Relic データに関する通知を送信する場所です。通知を Slack、Atlassian Jira、電子メールなどのサードパーティ ツールにリンクできます。

    アラートを作成するときに、アラートをグループ化するポリシーを選択します。

  6. Activate conditions [条件をアクティブ化] をクリックして条件を保存します。ポリシーが新しい場合は、 Save & set up notifications [保存して通知を設定] ボタンが表示されます。条件や通知を保存したい場合にこのボタンを使用します。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.