• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

ディプロイメントをモニター(Javaエージェント)

New Relicでは、アプリケーションのデプロイメントに関する情報をコマンドラインから送信できます。その後に、UIのデプロイメントページに、デプロイメント情報を表示できますone.newrelic.com > APM > Applications > (アプリケーションを選択) > Events > Deploymentsの順に移動します。

インストレーション

インストールプロセスでは、newrelic.ymlファイルのapp_nameを分かりやすい名前に変更します。デプロイメントのアップロードスクリプトは、アプリケーションの名前を使用して、アプリケーションのすべてのインスタンスをデプロイメントに関連付けます。スクリプトを実行するたびに、新しいデプロイメントがNew Relicに報告されます。

たとえば、デプロイメントマーカーを設定して、アプリケーションの100個のインスタンスをプッシュすると、Deploymentsページには、100個のインスタンスに対して単一のデプロイメントが表示されます。スクリプトを再度実行すると、別のデプロイメントが表示されます。

インストールプロセスの一環として、app_nameを変更した後に、以下のエントリをnewrelic.ymlcommonセクションに追加します。

api_host: rpm.newrelic.com

EU地域のデータセンターに接続しているお客様は、代わりに次のエントリを使用する必要があります。

api_host: rpm.eu.newrelic.com

コマンドライン

JavaエージェントjarからNew Relicにデプロイメント情報を送信するには、コマンドラインから以下のコマンドを実行します。

java -jar newrelic.jar deployment DEPLOYMENT_OPTIONS

これらのオプションの値は、deploymentコマンドを使用して含めることができます。

Deploymentのオプション

説明

--appname=NAME

アプリケーション名を設定します。デフォルトでnewrelic.ymlapp_name設定になります。

--environment=NAME

NEW_RELIC_ENVIRONMENT またはnewrelic.environment システムプロパティを上書きします。

--user=USER

変更をデプロイしているユーザーを指定します。

--revision=REV

デプロイするリビジョンを指定します。

--changes

標準入力から変更ログを読み取ります。たとえば、以下のように変更ログをパイプ処理できます。

echo "get SHA-1 34837888734" | java -jar newrelic.jar deployment DEPLOYMENT_OPTIONS --changes

プロキシ設定

Javaエージェントは、newrelic.ymlファイルからプロキシ設定を取得しません。推奨事項:アプリケーションでプロキシを使用する場合は、以下のいずれかの方法によってデプロイメントを記録します。

  • プロキシ設定を手動でJavaコマンドに渡します。
  • New Relic REST API v2を使用します。

REST API

コマンドラインを使用することに加えて、New Relic REST API v2を使用してデプロイメントを記録できます

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.