• /
  • ログイン

JVMページ(Java):JMXからアプリサーバーのメトリックスを表示

New RelicのJavaエージェントを使用することで、JVXを介して最も一般的なアプリケーションサーバーが提供するその他のメトリックスを収集および確認できます。収集したメトリックスは、アプリケーションサーバーによって異なり、スレッドプール、HTTPセッション、そしてトランザクションに関する測定値を含んでいます。

JVMメトリックスを確認する

アプリケーションサーバーは、APMのJVMページに表示される様々なメトリックスを収集して、これを報告します。(Heroku経由でNew Relicを使用したアプリケーションに関しては、JVMページが インスタンスと命名されています。)

最低でも、各アプリケーションサーバーは、オンメモリのメトリックを収集して報告します。JMXメトリックスを有効化する方法については、ご利用のアプリケーションサーバーのドキュメンテーションを参照してください。

以下の手順に従い、JVMメトリックスを確認します。

  1. one.newrelic.com > (アプリケーションを選択) > Monitoring > JVM > (JVMを選択)の順に移動します。
  2. 選択したJVMのMemoryページから、New Relicの標準的なユーザーインターフェース機能のいずれかを使用して、詳細情報を掘り下げます。
  3. 他のメトリックスを確認するには、 利用可能なタブを選択します。
  4. オプション:スレッドプロファイラーを使用して、スレッド実行時のデータのボトルネックを見つけるには、 Profile this JVMを選択します。

apm_jvm.png

one.newrelic.com > APM > (アプリケーションを選択) > Monitoing > JVM:ご利用のアプリケーションサーバーが報告するメトリックス次第では、JVMページに1つ以上のタブが表示されます。

アプリケーションサーバーごとに示す利用可能なタブ

この表は、アプリケーションサーバーに関してJVMページで表示されるタブを一覧化したものです。ご利用のアプリケーションサーバーが特定のメトリックデータを報告しない場合、そのタブはJVMページに表示されません。

アプリ
ケーション
サーバー

メモリ

スレッド
プール

HTTP
セッション

アプリケーションサーバートランザクション

データソース

Glassfish

JBoss 5AS

JBoss 6AS

JBoss 6EAP

JBoss 7AS

Jetty

Resin 3

Resin 4

Tomcat

TomEE

WebLogic

Websphere Liberty

Websphere Traditional

WildFly

タブごとに示す利用可能なメトリックス

以下は、JVMページで利用可能なメトリックスをまとめたものです。アプリケーションサーバーが特定のメトリックデータをサポートしない場合、そのタブはJVMページに表示されません。

JMX

メトリック表

メモリ

  • ヒープメモリ使用量: 各表は、指定されたヒープに対する使用済みと確定済みのヒープ領域をMB単位で示しています。
  • JVMに対する非ヒープメモリプールの使用量: 使用済みのコードキャッシュとCMS Perm Gen(MB単位)。
  • ガーベジコレクション: ガベージコレクションのCPU時間。
  • クラス数: JVMに対するロード済みと未ロードのクラス数。

スレッド

  • スレッド数: JVM内のアクティブなスレッドの現在の数。
  • スレッドプール: プールに対するアクティブスレッドとアイドルスレッドの数。サポートされているアプリケーションサーバーの場合、表には、アプリケーションサーバー内に存在する各スレッドプールのほか、各スレッドプールに対するアクティブスレッド数と最大スレッド数の割合が表示されます。

HTTP
セッション

  • セッション: アプリケーションのHTTPセッション数のうち、アクティブ、タイムアウトによる無効化、そして無効化となったもの。サポートしたアプリケーションサーバーでは、アプリケーションサーバー内に存在する各アプリケーションサーバーを示す表があります。

アプリケーションサーバートランザクション

  • アクティブなトランザクション: アプリケーションサーバーのトランザクションマネージャー内のアクティブなトランザクションの数。
  • 作成済みのトランザクション: アプリケーションサーバーごとの作成済みトランザクションの合計数の変化。一部のアプリケーションサーバーでは、トップレベルのトランザクションとネストされたトランザクションが分類されます。
  • 完了済みのトランザクション: アプリケーションサーバーごとの完了済みトランザクションの合計数の変化。一部のアプリケーションサーバーでは、このトランザクションは中止されたトランザクションと確定および完了済みトランザクション別に分類されます。

データソース

アプリケーションサーバーごとに示すデータソースタブのメトリックス。詳しくは、アプリケーションサーバーごとに示すデータソースメトリクスを参照してください。WebLogicのデータソースメトリックスの詳細に関しては、WebLogic JMXメトリクスを参照してください。

アプリケーションサーバーごとに示すデータソースメトリックス

サポートしたアプリケーションサーバーにおいては、エージェントがJMXデータソースメトリックスを収集します。これらのメトリックスは、rpm.newrelic.com/apm > (アプリケーションを選択) > Monitoring > JVM > データソースの順に移動して表示できます。これらのメトリックスを確認するには、ご利用のデータソースがアプリケーションサーバーにおけるJMXモニター向けに正しく設定されていることを確認してください。

アプリ
ケーション
サーバー

メトリックス

Tomcat

  • 最大接続: データソースに対して利用可能な最大接続数。通常これは設定可能なパラメーターです。
  • アクティブ接続: データソース内の現在のアクティブな接続数。
  • アイドル接続: データソース内の現在のアイドルな接続数。

Websphere Liberty

  • 最大接続: データソースに対して利用可能な最大接続数。通常これは設定可能なパラメーターです。
  • アクティブ接続: データソース内の現在のアクティブな接続数。
  • アイドル接続: データソース内の現在のアイドルな接続数。
  • 待機時間: 接続が処理されるまで待機する必要がある平均時間。
  • デストロイド接続: デストロイド接続数。

Resin

  • 最大接続: データソースに対して利用可能な最大接続数。通常これは設定可能なパラメーターです。
  • アクティブ接続: データソース内の現在のアクティブな接続数。
  • アイドル接続: データソース内の現在のアイドルな接続数。
  • 作成済みの接続: 作成された接続数。

TomcatでSpring Boot 2.2以上を有効にする

Spring Boot 2.2以上を実行している時にNew Relicを有効にしてTomcat JMXメトリックスにアクセスするには、システムプロパティserver.tomcat.mbeanregistry.enabledtrueに設定する必要があります。Spring Boot 2.2リリースノートをご覧ください。

WebSphere PMIメトリックスを有効化

New RelicがWebSphere PMIメトリックスにアクセスできるようにするには、WebSphereが必要な統計セットをモニターできるように構成する必要があります。

収集済みWebSphere PMIメトリックス

これを有効にすると、New Relicは以下のWebSphere PMIメトリックスを収集します。これらのPMIメトリックス以外を収集して、New Relicカスタムダッシュボードに表示したい場合は JMXインストゥルメンテーションを利用してください。

WebLogic JMXメトリックス

WebLogicでは、デフォルトでJMXが有効になっています。New Relicは、以下のmbeansメトリックスを収集します。

ヒント

追加のJMXメトリックスを収集するには、カスタムYAMLファイルを使用します。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.