• ログイン今すぐ開始

親/子-アカウント構造

New Relicの組織は、親/子アカウント構造にできます。これは、主に元のユーザーモデル上のユーザーの組織関連ですが、両方のユーザーモデル上のユーザーを使用している組織にも適用できます。親/子構造がどのように適用されるかの主な違いは次のとおりです。

  • 元のユーザーモデル:元のユーザーモデルは親/子アカウント構造を使用しており、子アカウントはアカウントのユーザーアクセスに関連するルールなど、親アカウントから設定を継承します。また、当社のパートナーシップアカウントもこのモデルを使用します。組織にこのモデルのユーザーがいる場合、これらのユーザーは子アカウントを作成できます。このモデルのユーザーがいる場合は、このアカウント構造がどのように機能するかについて、以下をお読みください
  • 新しいユーザーモデル:当社の新しく改善されたユーザーモデル。このモデル上にユーザーを使用している組織は親/子アカウント構造にできますが、アカウントへのユーザーアクセスの管理は対象外となり、一部の機能に対するアカウントの関係性の決定や組織レベルの請求の集計に広く使用されます。新しいユーザーモデルでアカウントのアクセスがどのように機能するかについての詳細は、アカウントの構造を参照してください。

親および子アカウントの階層

親/子アカウント構造を持つ元のユーザーモデルのユーザーを使用している組織の場合、各子アカウントは単一の親アカウントに関連付けられます。各アカウントには、報告する複数のアプリを含めることができます。親アカウントもそのアカウントに報告するアプリケーションに含めますが、子アカウントのアプリケーションから送信されたすべてのデータが親アカウントにロールアップされるわけではありません。

UIでアカウント間を切り替える方法については、アカウントアクセスを参照してください。

親アカウントと子アカウントがEUリージョンのアカウントにどのように対応するかを理解するには、EUリージョンのアカウント階層を参照してください。

ヒント

パートナーシップアカウントの構造がある場合は、パートナーシップアカウントを参照してください。

親アカウントは独自のアプリレポートデータが含まれる場合があります。ただし、子アカウントに報告するアプリは、親アカウントにデータを報告しない場合があります。

子アカウントのライセンスキー

New Relicの組織では、メインのNew Relicアカウントは独自のライセンスキーを持つ親アカウントとしての役割を果たします。各子アカウントにはそれぞれ独自のライセンスキーがあります。各アプリケーションは1つのライセンスキーのみを使用できるため、各アプリケーションは1つのアカウントのみにレポートできます。

子アカウントの作成

New Relic組織にアカウントを追加するには、 ProまたはEnterpriseエディションが必要です。

アカウントの追加方法は、以下のどのユーザーモデルであるかによって異なります。

  • 新しいユーザーモデルのユーザー:アカウント構造を参照してください。

  • 初代のユーザーモデルのユーザー:以下の指示に従います。

    1. 移動先:アカウントドロップダウン > アカウント設定 > アカウント > サマリー
    2. アカウントを追加をクリックします。
    3. 子アカウント名を入力してから、このアカウントを追加を選択します。
    4. この手順を続行して、子アカウントにユーザーを追加します。

アカウントにユーザーを追加する

複数のアカウントがあるNew Relic組織にするには、 ProまたはEnterpriseエディションが必要です。

組織の子アカウントへのユーザーの追加方法は、以下のどのユーザーモデルであるかによって異なります。

  • 新しいユーザーモデル:特定のアカウントにアクセスできるグループにユーザーを割り当てる必要があります。詳細については、ユーザー管理コンセプトを参照してください。

  • オリジナルユーザーモデル:一般的に、親アカウント上のユーザーに対する許可は、子アカウント上のそのユーザーに自動的に継承されます。ユーザーを追加するには、以下の手順に従います。

    1. 移動先:アカウントドロップダウン > アカウント設定 > アカウント > サマリー
    2. 子アカウントのリストから、子アカウントを選択します。
    3. 子アカウントのアクティブユーザーセクションからユーザーを追加を選択し、必要に応じてユーザーのメール、名前、ロール、タイトルを入力してから、このユーザーを追加を選択します。
    4. オプション:必要に応じて、子アカウントの所有者(オーナー)または管理者のロールを変更します

SAML SSOでアカウントを設定する

SAML SSOの設定方法は、ユーザーが以下のどのユーザーモデルであるかによって異なります。

  • オリジナルユーザーモデル:親アカウントレベルでSAML SSOを設定すると、子アカウントユーザーもSSOを使用してサインインできるようになります。SAML SSOを親レベルで設定しない場合は、子アカウントレベルで設定できます。ただし、SAML SSOは両方のレベルで設定しないでください。詳細については、複数のアカウントでSAMLを設定するを参照してください。
  • 新しいユーザーモデル:SAML SSOを参照してください。

子アカウントアプリケーションの更新

要件:

アプリの設定ファイルを変更して、あるアカウントから別のアカウントに移動する場合、New Relicはそのアプリを新規子アカウントの新しいアプリとして処理します。New Relicは、アプリの履歴データは移動しません。

子アカウントに新しいアプリをインストールするには:

  1. 親アカウントが選択されていることを確認します。左上のアカウントスイッチャーから、目的のアカウントを選択します。
  2. 右上のアカウントドロップダウンからアカウント設定を選択します。
  3. 新しいアプリケーションの標準インストレーション手順に従います。

または

既存のアプリケーションの設定ファイルのライセンスキーを変更して、別の子アカウントに移動します。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.