• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

Node.js エージェントの URL 難読化

当社の Node.js APM エージェントを使用すると、正規表現パターンを使用して分散トレースとトランザクション トレースの URL を難読化し、機密データを保護できます。この機能は、 Node.js エージェント v9.9.0+で利用できます。

URL 難読化を有効にする

URL 難読化を有効にするには、次のスニペットをエージェント構成に追加します。

url_obfuscation: {
enabled: true,
regex: {
pattern: '{your regex pattern}',
flags: '{regex flags}'}',
replacement: '{replacement string}'
}
}

または環境変数を使用します。

bash
$
NEW_RELIC_URL_OBFUSCATION_ENABLED=true
$
NEW_RELIC_URL_OBFUSCATION_REGEX_PATTERN={your regex pattern}
$
NEW_RELIC_URL_OBFUSCATION_REGEX_FLAGS={regex flags}
$
NEW_RELIC_URL_OBFUSCATION_REGEX_REPLACEMENT={replacement string}

フラグはオプションです。指定しない場合、エージェントはそれらを使用しません。置換パターンの使用をお勧めしますが、置換パターンの使用はオプションです。指定しない場合、エージェントは空の文字列 ( '' ) であるデフォルトの置換パターンを使用します。

構成例

url_obfuscation: {
enabled: true,
regex: {
pattern: /(\/api\/v1\/users\/)([\d]+)(\/.*$)/,
flags: "i",
replacement: '$1**$3'
}
}

この構成は、 /api/v1/users/12345456/editのサンプル URL に一致する URL を難読化し、URL の中央にあるすべての数字を** (2 つのアスタリスク) に置き換えます。結果の URL は/api/v1/users/**/editになります。

環境変数を使用した構成例

bash
$
NEW_RELIC_URL_OBFUSCATION_ENABLED=true
$
NEW_RELIC_URL_OBFUSCATION_REGEX_PATTERN=(/api/v1/users/)([\d]+)(/.*$)
$
NEW_RELIC_URL_OBFUSCATION_REGEX_FLAGS=i
$
NEW_RELIC_URL_OBFUSCATION_REGEX_REPLACEMENT=$1**$3

難読化ルール

エージェントは、指定した正規表現パターンに一致する URL を難読化します。エージェントは、正規表現パターンに一致しない URL を難読化しません。正規表現パターンを指定しない場合、エージェントは URL を難読化しません。置換パターンを指定しない場合、エージェントは一致したパターンを空の文字列に置き換えます。フラグを指定しない場合、エージェントはフラグを使用しません。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.