• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ラムダのデータ構造を理解する

当社のAWS Lambda向けサーバーレスモニタリング は、Lambdaファンクションの詳細なパフォーマンスモニタリングを提供します。このドキュメントでは、Lambdaのデータのソース、構造、およびストレージについて説明します。

ラムダデータのソース [#data-source]

私たちのLambdaのモニタリングデータは、この2つのソースから得ています。

    • 当社のAPMエージェント・インスツルメンテーション(またはお客様が作成された同様のインスツルメンテーション)

    • AWS CloudWatchメトリクス

このデータがどのように設定され、どのようにNew Relicに流れてくるかについては、 enablement procedures をご覧ください。

UI に表示されるデータは、これらのデータソースを組み合わせたものです。例えば、 Overview ページには、インスツルメンテーションによって報告されたデータが表示され、 Metrics ページには、CloudWatch データが表示されます。

イベントの定義と属性

ラムダデータは、私たちのデータベース(NRDB)に イベント (関連する 属性を持つデータオブジェクト )として保存されます。

ラムダデータは以下のイベントタイプに添付されます。イベント名を選択すると、その属性が表示されます。

  • AwsLambdaInvocation event: 全体のタイミングと関連するメタデータをキャプチャします。Lambda invocation は、1つの AwsLambdaInvocation イベントを生成します。
  • AwsLambdaInvocationError event: Lambda中にエラーが発生した場合、このイベントが発生します。
  • スパン : ラムダ関数のセグメントに関する詳細が含まれています。スパンは 分散型トレース で使用されます。分散トレーシングは、 データサンプリングに依存しています。 スパンを生成するために、呼び出しの10%がサンプリングされます。
  • カスタムイベントタイプ。一部のエージェントAPIでは、カスタムイベントを作成して特定のLambdaの呼び出しに関連付け、NRQLでクエリすることができます。

イベント保存の制限については、 アクセスと要件 を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.