• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、 を参照してください。

問題を作成する

NRQL: 時間ごとのファセット結果

NRQL では、時間をまたいで結果をグループ化するクエリを作成することができます。例えば、指定した日時の範囲をカバーするバケットに結果を分けることで、タイムスタンプに基づいて結果をグループ化することができます。

NRQL クエリで時間関数を使用すると、結果は UTC で返されます。結果をタイム ゾーンに合わせて調整するには、クエリにWITH TIMEZONEを含めます。

あなたのNRQLクエリの時間範囲のファセット

NRQL クエリを作成するには、タイムスタンプ属性で機能するバケット関数でFACETを使用します。標準のFACETクエリを実行しますが、属性によるファセットではなく、時間によるファセットを行います。例えば:

SELECT count(*) FROM K8sDaemonsetSample FACET monthOf(createdAt)

このドキュメントの上部にあるスクリーンショットは、このクエリの結果を示しています。

同じクエリで複数の機能を実行するには、NRQL のマルチファセット機能を使用します。

SELECT count(*) FROM K8sDaemonsetSample FACET dateOf(createdAt), monthOf(createdAt)

多くの時間ベースの関数は、結果値の形式を制御する string (デフォルト) または numericのオプションの 2 番目の引数を受け入れます。

SELECT count(*) FROM K8sDaemonsetSample FACET monthOf(createdAt, numeric)

時間ベースの機能

説明

文字列形式

数値形式

yearOf(attr [, format])

タイムスタンプの年を返します。

2023

2023

quarterOf(attr [, format])

年の四半期を返します。戻り値には、文字列としてフォーマットされている場合、四半期と年の両方が含まれます。

Q1 2014

1

monthOf(attr [, format])

文字列としてフォーマットされた場合はタイムスタンプの月と年を返し、数値としてフォーマットされた場合は数値の月を返します。

July 2014

7

weekOf(attr)

タイムスタンプが発生した週を、その週の月曜日の月と日を指定して返します。

Week of January 15

該当なし

weekdayOf(attr [, format])

取得したタイムスタンプの曜日を返します。返された値は週の終わりにループバックするので、曜日ごとの傾向を時系列で見ることができます。

Sunday

0

dateOf(attr)

取得したタイムスタンプの日付を返します。返される値には、月、日、年が含まれます。

July 15, 2014

該当なし

dayOfMonthOf(attr [, format])

RETURN関数は、タイムスタンプの1ヶ月以内の日付を、1~31の数値で返します。返される値は月を含みません。

23

23

daysInMonthOf(attr [, format])

タイムスタンプの月の日数を返します。

30

30

hourOf(attr [, format])

タイムスタンプの時間を返します。

戻り値には、午前 1 時から午前 9 時までの時間の前に付加された 0 は含まれません。これは、 SINCEなどの関数や句とは異なります。これらの時間は、先頭に 0 を付けて受け入れます。

6:0012:0018:00

61218

minuteOf(attr [, format])

タイムスタンプの分を返します。

戻り値には、1 から 9 までの分の前に追加された 0 は含まれません。これは、先頭が 0 の分を受け入れる SINCEなどの関数や句とは異なります。

0648

0648

まだお持ちでない場合は、以下で無料の New Relic アカウントを作成して、今すぐデータの監視を開始してください。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.