• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

NRQL。時系列でのグループ結果

NRQL では、時間をまたいで結果をグループ化するクエリを作成することができます。例えば、指定した日時の範囲をカバーするバケットに結果を分けることで、タイムスタンプに基づいて結果をグループ化することができます。

NRQL クエリで 時間関数 を使用すると、結果は UTC で返されます。結果をタイムゾーンに合わせるには、 WITH TIMEZONE をクエリに含めてください。

あなたのNRQLクエリの時間範囲のファセット

NRQL クエリを作成するには、 FACET を、タイムスタンプ属性で動作するバケット関数で使用します。標準的な FACET クエリを実行しますが、属性による絞り込みの代わりに、時間による絞り込みを行います。例えば、以下のようになります。

SELECT count(*) FROM PageView SINCE 1 day ago FACET monthOf(account_created)

同じクエリで複数の機能を実行するには、NRQL のマルチファセット機能を使用します。

SELECT count(*) FROM PageView SINCE 1 day ago FACET dateOf(account_created), monthOf(account_created)

タイムベースの機能

説明

yearOf(attr)

タイムスタンプの年を返します。

quarterOf(attr)

目的 : 年の四半期を返します。返される値には、四半期と年の両方が含まれます。

例: 2014年第1四半期

monthOf(attr)

タイムスタンプの月と年を返します。

例: 2014年7月

weekOf(attr)

タイムスタンプが発生した週を、その週の月曜日の月と日を指定して返します。

例: 1月15日の週.

weekdayOf(attr)

取得したタイムスタンプの曜日を返します。返された値は週の終わりにループバックするので、曜日ごとの傾向を時系列で見ることができます。

dateOf(attr)

取得したタイムスタンプの日付を返します。返される値には、月、日、年が含まれます。

例: 2014年7月15日

dayOfMonthOf(attr)

RETURN関数は、タイムスタンプの1ヶ月以内の日付を、1~31の数値で返します。返される値は月を含みません。

hourOf(attr)

タイムスタンプの時間を返します。

返される値には、午前1時から午前9時までの時間の前に付けられた0は含まれません。これは、 SINCE のように、これらの時間を先頭に0を付けて受け入れる関数や句とは異なります。

例: 6:00, 12:00, 18:00

Copyright © 2022 New Relic Inc.