• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

スライディングウィンドウでより滑らかなチャートを作成

スライディング ウィンドウは、 SLIDE BY句をTIMESERIES句と組み合わせて使用してグラフを生成する手法です。スライディング ウィンドウでは、互いに重なり合う時間の「ウィンドウ」にデータが収集されます。

ヒント

スライドウィンドウは、条件 アドバンスドシグナル設定 のUIからも利用可能です。

例えば、下の画像では、クエリが5分間のウィンドウでデータを収集しています。ウィンドウ"は" を1分ずつスライドさせています。各ウィンドウは、前のウィンドウと4分ずつ重なっています。

5 分間のウィンドウと 1 分間の"スライド"

対照的に、「タンブリング」または「カスケード」ウィンドウでは、ウィンドウは重なりません。たとえば、次のTIMESERIES 3 minutes NRQL クエリでは、ウィンドウの長さは 3 分間で、それぞれが開始されてから終了します。測定間隔に重複はありません。

オーバーラップしない3分間のウィンドウ"スライド".

スライドウィンドウを使用する場合

スライディングウィンドウは、"スパイキーな" チャートを平滑化する必要がある場合に役立ちます。一般的な使用例としては、スライディングウィンドウを使用して、短い期間の変動が大きい折れ線グラフを平滑化することが挙げられます。これは、狭い期間の集合体よりもローリング集合体(例えばローリング平均)の方が重要な場合です。

下の例では、データが1分ごとに大きく変化しているため、1分足のタンブリングウィンドウチャートでは、高い山と低い谷が多く見られます。

SLIDE BY 句を含まない TIMESERIES クエリ

ただし、この例では、幅 5 分のTIMESERIESウィンドウが 1 分のSLIDE BY間隔を使用して平滑化されています。クエリは同様のデータを返しますが、より滑らかなグラフを作成します。

SLIDE BY 句を含む TIMESERIES クエリ

の有効な NRQL 構文 SLIDE BY

SLIDE BY句の有効な NRQL 構文は、以下の形式に従います。

SELECT ... TIMESERIES integer1 units SLIDE BY integer2 units

integer1 はスライディング ウィンドウの幅を指定し、 integer2SLIDE BY間隔を指定します。unitsは、 secondminutehour 、またはdayなどの時間単位です。すべての標準 NRQL 時間単位が受け入れられます。

これが実際の例です。1 分のSLIDE BY間隔で 5 分のTIMESERIESウィンドウが表示されます。

SELECT average(duration) from Transaction TIMESERIES 5 minutes SLIDE BY 1 minute

PromQLスタイルのクエリからの翻訳

該当する場合、PromQL スタイルのクエリは NRQL スライディングウィンドウクエリに変換されます。

たとえば、PromQL スタイルのクエリが過去 60 分間にrate(request_count[5m])を使用し、1 分間のウィンドウが重複している場合、NRQL 翻訳は次のクエリになります。

SELECT rate(sum(request_count), 1 SECONDS) FROM Metric SINCE 3600 SECONDS AGO UNTIL NOW
FACET dimensions() LIMIT 100 TIMESERIES 300000 SLIDE BY 60000

変換出力では、デフォルトのミリ秒単位がTIMESERIES } 句とSLIDE BY句に使用されます。TIMESERIESの場合、300000 ミリ秒は 300 秒または 5 分であり、5 分のウィンドウ サイズを指定します。SLIDE BYの場合、60000 ミリ秒は 60 秒で、スライド間隔を 1 分に指定します。

MAXSLIDE BYを使用し、 AUTO

以下の例に示すように、 SLIDE BYMAXおよびAUTO引数と組み合わせて、クエリ結果をさらに調整できます。

SELECT average(duration) FROM Transaction TIMESERIES 5 minutes SLIDE BY MAX
SELECT average(duration) FROM Transaction TIMESERIES 5 minutes SLIDE BY AUTO

ヒント

SLIDE BYと組み合わせると、 TIMESERIESAUTOまたはMAXをサポートしません。TIMESERIES値は、整数の時間単位値でなければなりません。つまり、 SLIDE BY AUTOまたはSLIDE BY MAXは機能しますが、 TIMESERIES AUTOまたはTIMESERIES MAXの後にSLIDE BYMAXAUTO 、または特定の整数時間単位を指定することはサポートされていません。

ヒント

AUTOまたはMAXによって決定されるSLIDE BY値は、ウィンドウ サイズよりも大きなステップ間隔を生成する可能性があり、ギャップや予期しない結果として表示されます。クエリ結果でこれらの問題が発生した場合は、ステップ間隔がウィンドウ サイズを超えているSLIDE BYのインスタンスをチェックすることを検討してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.