• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

サービス マップ: エンティティを視覚化する

サービス マップは、フロントエンドからバックエンドまでのアーキテクチャ全体を視覚的に表現したもので、システムを構成する相互接続されたコンポーネントの包括的な概要を提供します。このマップは、アプリケーション、データベース、ホスト、サーバー、およびアウトプロセス サービス ( Web 外部と呼ばれる) 間の関係を動的に表示します。

one.newrelic.com > All capabilities> APM > (エンティティを選択) > Service map: サービス マップには、依存関係とそのパフォーマンスが表示されます。

サービスマップを利用する

サービス マップは分散トレースと連携して、エンティティ間の関係を結び付けます。分散トレースを有効にしていない場合でもサービス マップは機能しますが、すべてのエージェントに対して分散トレースを有効にすることをお勧めします。これにより、サービス マップを使用する際のより一貫したエクスペリエンスが保証されます。

サービス マップにアクセスするには:

  1. one.newrelic.comにアクセスし、次に、 APM & サービスモバイル、またはブラウザのいずれかを選択します。
  2. エンティティを選択します。
  3. 左側で、 Service map [サービス マップ]をクリックします。

特定のエンティティからのマップ

エンティティの上にカーソルを置き、 Map from this entity [このエンティティからマップ]をクリックすると、そのエンティティの観点からエンティティがどのように関連しているかが表示されます。サービスマップはそれに応じて更新されます。

A screenshot of the tooltip that appears when you hover your cursor over an entity.

エンティティのフィルタリング

以下に基づいてサービス マップをフィルタリングできます。

  • Health status [ヘルス ステータス]: 影響を受けるエンティティの周囲のヘルス ステータスの色を削除します。

  • Entity types [エンティティ タイプ]: 特定のエンティティをマップから非表示にします。

  • Timewarp : 過去 3 時間でエンティティの健全性がどのように変化したかを調査します。

  • 関係の深さ:

    • 深さ 1 : (デフォルト) 健全性ステータスに関係なく、メイン エンティティに直接接続されているすべてのエンティティを表示します。
    • 深さ 2 : メイン エンティティから 2 ホップ離れた劣化したエンティティ (アラートあり) に焦点を当てます。メイン エンティティに直接接続されているエンティティは、このビューには含まれません。
    • 深さ 3 : 深さ 2 と同様に、深さ 3 はアラートのある劣化したエンティティに集中しますが、検索範囲をメイン エンティティから 3 ホップ離れたエンティティに拡張します。主要なエンティティへの直接接続は除外されたままになります。

    ヒント

    エンティティの表示を深さ 2 および 3 の劣化したエンティティに制限する目的は、サービス マップが乱雑で圧倒されるのを防ぐことです。関係の深さを増すと、エンティティのネットワークの奥深くに進みますが、問題が発生しているエンティティのみが表示されます。これは、システム内の最も重大な問題に焦点を当てるのに役立ちます。

エンティティのパフォーマンス指標を表示する

右側のペインには、すべてのエンティティのパフォーマンスに関する詳細なデータが含まれています。

まとめると、マップは正確な瞬間を見つけて、システムに発生したインシデントの場所を特定するのに役立ちます。

GraphQL API を使用してサービス関係を探索する

GraphQL クエリとミューテーションを実行するツールである NerdGraph エクスプローラーで、サービス マップで利用できるのと同じ関係接続を見つけることができます。開始するには、 「NerdGraph チュートリアル: エンティティ データの表示」を参照してください。

トラブルシューティング

サービス マップ内の特定のエンティティを表示できない場合は、 「欠落しているデータまたは難読化されたデータ」を参照してください。

インストルメント化されていないエンティティがある場合は、 「サービス マップのインスツルメント化されていないエンティティ」を参照してください。

マップ内の外部とデータベースについて

New Relic UIでは、プロセス外サービスはウェブ外部またはバックグラウンド外部データと呼ばれます。外部サービスとデータベースは、サービスマップにおいて他のエンティティタイプとは若干異なる機能を有しています:

  • サービスマップに表示される、他のエンティティとは異なり、外部サービスは集計になります。マップで外部サービスをクリックすると、1つの外部エンティティにロールアップされる全ての外部サービスの一覧が表示されます。一部のエンティティには十数の外部サービスが報告されるため、これにはマップの混乱を減らす意図があります。
  • エージェントレスの性質のため、データベースにはアラートを設定できません。データベースに対して行われたサービス呼び出しのみが New Relic に報告されます。
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.