• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

サービスマップの紹介

サービスマップは、アーキテクチャーを視覚的かつカスタマイズ可能に表現したものです。マップには、アプリケーション、データベース、ホスト、サーバ、プロセス外のサービスなど、アプリケーションの接続と依存関係が自動的に表示されます。

ヒント

New Relic の UI では、プロセス外のサービスは、 web external または background external data と呼ばれています。

健全性指標とパフォーマンス指標は、アーキテクチャの各部分の現在の運用状況を示します。

サービスマップがあなたをサポートします。

  • アーキテクチャ内のアプリやサービスがどのように接続され、通信しているかを理解します。
  • 環境全体の現在の健全性と運用状態を素早く確認できます。
  • 運用上の問題をトラブルシューティングし、問題の影響をホストやインスタンスレベルまで理解する。
  • アーキテクチャーの理解を共有するためのコラボレーションと推進。

サービスマップへのアクセス

現在のサービスマップと従来のAPMサービスマップの2つのオプションを使用できます。さまざまなサービスマップにアクセスするには:

タイプ

地図を見るには

目的

現在のサービスマップ

Go to one.newrelic.com > Explorer> (select an entity)> Monitor> サービスマップ

サービスマップは、アカウント全体で エンティティ へのアクセスを増やし、環境全体がどのように接続されているかを理解するのに役立ちます。

従来のAPMサービスマップ

one.newrelic.com > More> サービスマップへ移動します。

Legacy APMのサービスマップでは、個々のアプリに関連するマップを作成、カスタマイズ、共有することができます。

オペレーション上の問題点の洗い出し

サービスマップは、 色分けされており、お客様の環境の現在の状態を一目で確認することができます。マップ上のノードを選択すると、追加のパフォーマンスメトリクスや、各ノードの接続の完全なリストとヘルスチェックが表示されます。

マップには自動的にノードが接続されるため、マップ上のどのアプリが他のアプリに接続しているかを確認することができます。これにより、呼び出したアプリケーションと特定のデータベース間のパフォーマンス問題の影響をトラブルシューティングして評価することができます。

サービスマップを使用すると、サービスとそのステータスをアップストリームとダウンストリームの依存関係のコンテキストで表示できます。インシデントのトラブルシューティングを行うときは、マップを使用して根本原因を特定します。

これらについては、 サービスマップの使い方 をご確認ください。

  • セットアップなしですべてのエンティティを表示:ほとんどのエンティティは、サービスマップの依存関係に自動的に接続されています。
  • あなたの組織のアカウント全体のエンティティを表示します。
  • ダッシュボードに地図を追加する。

one.newrelic.com > エクスプローラー> (エンティティを選択)> モニター> サービスマップ: サービスマップは、依存関係とそのパフォーマンスを示します。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.