• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

エンティティ スコープのマップ

New Relic は、計測されたエンティティからデータを取得し、それらの間の関係を表示するトポロジ マップを作成できます。これらのエンティティ スコープのマップは、ソース エンティティをシステムの残りの部分へのエントリ ポイントとして使用し、ホスト、サービス、およびアプリケーションが互いにどのように関連し、影響を与えるかを理解できるようにします。

一貫したマップ エクスペリエンス

サービス マップ、ワークロード マップ、およびオートマップは、オムニマップと呼ばれる同じマップ エンジンを共有します。これらのオムニマップを利用したマップは、エンティティ スコープであり、主要な機能とデザインを共有しています。たとえば、オムニマップを利用したマップは、システム アーキテクチャを 3 つの一般的な層 ( UXサービス、およびインフラストラクチャ) に構造化します。これらの層には、関連するエンティティのグループを表すノードがあり、矢印で結ばれています。

オムニマップを利用したエクスペリエンスの 3 層構造の例。上のスクリーンショットは、オムニマップを利用したサービス マップです。

マップは、標準の健康状態の色を使用して、さまざまなエクスペリエンスでのエンティティの健康を示します。

エンティティとその健康状態を調べる

上部ペインでは、マップの外観を調整できます。特定のエンティティを検索したり、ヘルス ステータスによってノードの強調を解除したり、エンティティ タイプを非表示にしたりできます。過去 3 時間のエンティティの健康状態を示すタイムワープを調整することもできます。

右側のペインには、システム パフォーマンスに関するデータのスナップショットが表示されます。

まとめると、マップは正確な瞬間を見つけて、システムに発生したインシデントの場所を特定するのに役立ちます。

マップのツールチップで自動マップとゴールデン メトリックにアクセスする

オムニマップを利用したツールチップには、選択したエンティティの健全性のスナップショットが表示されます。これには、ゴールデン メトリック、エンティティが存在する環境、エンティティを所有しているチームが含まれます。

メトリクスに異常があることに気付いた場合は、[このエンティティからマップ] をクリックしてautomapsを開くことができます。

カーソルをエンティティの上に置くと、エンティティのゴールデン メトリックのスナップショットが表示されます。

次は何ですか?

さまざまなマップ機能の詳細については、次のドキュメントをご覧ください。

マップの関係がどのように決定されるかを学習するには:

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.