• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

エンティティのトラブルシューティングのための自動マップ

New Relicの自動マップ機能は、相互接続されたサービスを介してカスケードするインシデントのトラブルシューティングに役立つエンティティ中心のマップを表示します。自動マップを使用すると、サービスに影響を与える依存関係を表示することで、問題がいつどこで発生したかを正確に特定できます。

自動マップを使用するには、NewRelicアカウントが必要です。まだお持ちでない場合は、こちらから無料アカウントにサインアップできます。

Screenshot showing the automap UI

これは、自動マップを使用してトラブルシューティングを開始できる場所の例です。

使い方

New Relicの自動マップは、アーキテクチャ内のエンティティ間の関係を表示します。バージョン1の場合、自動マップに表示される関係は、サービス間の直接呼び出しに基づいています。たとえば、APMサービスは頂点(六角形)として表され、直接呼び出しはグラフ上のエッジ(線)として表されます。これは、これらのサービスが互いにどのように依存しているかを示しています。

Automapは、Automapが起動されてから3時間以内にヘルスステータスの変更が発生したソースエンティティに関連するエンティティのみを表示します。そのため、ソースエンティティに関連するすべてのエンティティが表示されない場合があります。エンティティと関係、およびエンティティプラットフォームがテレメトリデータから両方を合成する方法を理解するには、エンティティ関係を参照してください。

重要

自動マップの自動拡張ロジックは、エンティティのヘルスステータスに依存します。これは、主にそのエンティティのアラートステータスによって決定されます。自動マップを使用した最適なトラブルシューティングのために、 アラートが適切に構成されていることを確認してください。

自動マップを開く

自動マップは、サポートされているエンティティタイプの関連エンティティペインに表示されます。

  1. エクスプローラーで、エンティティ/サービスを検索するためのフィルターを挿入します(たとえば、 alerts )。

  2. エンティティ/サービスをクリックします。

  3. [概要]ページで、右ペインの[関連エンティティ]に移動します。

  4. マップビューをクリックします:

    Screenshot showing the Map view button

[マップビュー]ボタンは、次のタイプのエンティティでのみ使用できます。

エンティティタイプ

説明

アイコン

APM|アプリケーション

NewRelicAPMエージェントを搭載したアプリケーションサービス

Screenshot of application icon

ブラウザ|アプリケーション

NewRelicBrowserエージェントを搭載したブラウザアプリケーション

Screenshot of browser application icon

EXT | SERVICE

ピクシーが装備したサービスを含む、OpenTelemetryを装備したサービス

Screenshot of application icon

モバイル|アプリケーション

NewRelicエージェントを搭載したモバイルアプリ

Screenshot of browser application icon

NR1|ワークロード

ワークロード

Screenshot of workload icon

シンセ|モニター

合成モニター

Screenshot of synthetic icon

歴史を探る

コンテキスト内のNewRelicマップなどの単純なナビゲーションマップとは異なり、automapは、時間の前後にスクロールできるようにすることで、問題がどのように発生したかを理解するのに役立ちます。興味のないエンティティを選別することもできます。

タイムワープカーソル:時間をさかのぼる

インシデントが発生した日時と場所を正確に特定するには、タイムワープカーソルを移動して、マップ上のエンティティのヘルスステータスの変化を確認します。タイムワープカーソルが表示されない場合は、オートマップの右上にある時計アイコンをクリックします。履歴をスクロールすると、NewRelicLookoutによって異常な動作が検出されたことがわかります。

FulfillmentServiceBillingServiceの間で問題が発生したことを示すスクロールの例を次に示します。

コントロール:必要なものだけを表示します

タイムワープカーソルの下にあるコントロールメニューを使用すると、これらのオプションのチェックを外すことで、マップ上の特定のエンティティの強調を解除できます。たとえば、正常なサービスを非表示にして、タイムラインを参照するときにアラートにのみ焦点を当てることができます。

Screenshot showing where to uncheck options

コントロールがどのように機能するかの例を次に示します。

地図記号

さまざまなヘルスステータスアイコンを示す表を次に示します。

健康状態

アイコン

致命的

Screenshot showing the red critical hexagon

警告

Screenshot showing the beige warning hexagon

警告しない

Screenshot showing the green not-alerting hexagon

構成されていません

Screenshot showing the gray not-configured hexagon

異常

Screenshot showing the purple anomaly hexagon
問題を作成する
Copyright © 2022 New Relic Inc.