• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

OpenTelemetry と New Relic を使用して Jenkins を監視する

ジョブとパイプラインの実行を分散トレースとして視覚化することにより、 OpenTelemetry プラグインで Jenkins を監視します。クイックスタートをインストールして、Jenkins パイプラインを監視するための事前構築済みのダッシュボードを取得することもできます。

前提条件

まず、Jenkins から OpenTelemetry プラグインをインストールする必要があります。

  1. ジェンキンスにログインします。
  2. ダッシュボードからManage Jenkinsをクリックします。
  3. [システム構成] で、 [プラグインの管理] をクリックします。
  4. Availableタブをクリックし、検索バーにOpenTelemetryと入力します。
  5. OpenTelemetryチェックボックスを選択し、再起動せずにインストールします。
  6. インストールが完了したら、 Manage Jenkinsをクリックします。
  7. [システム構成] で、[システムの構成] をクリックします。
  8. 下にスクロールして、 OpenTelemetryというセクションを確認します。表示されない場合は、Jenkins を再起動します。

構成

Jenkins OpenTelemetry プラグインを構成して New Relic にデータを送信するには、New Relic OTLP エンドポイント取り込みライセンス キーが必要です。

  1. OTLP エンドポイントを入力します。たとえば、 https://otlp.nr-data.net:4317 .
  2. 認証には、[ヘッダー認証] を選択します。[ヘッダー名]フィールドにapi-keyと入力します。b.Header Valueフィールドに、New Relic インジェスト ライセンス キーを含むシークレット テキストを入力します。
  3. 変更を保存します。

New Relic ライセンス キーを使用してシークレット テキストを作成していない場合は、[ + 追加] ボタンをクリックし、[ Jenkins Credentials Provider ] を選択して作成します。kindsecretを除いてデフォルト値をそのまま使用できます。説明はオプションです。

  1. [種類] ドロップダウンから、 [秘密のテキスト] を選択します。
  2. シークレットフィールドに、New Relic インジェスト ライセンス キーを入力します。
  3. 必要に応じて、秘密のテキストの目的を示す説明を追加します。

バリデーション

ジョブを実行するか、新しいパイプラインを作成して、New Relic で Jenkins データを表示します。パイプラインを構築する方法は次のとおりです。

  1. Jenkins にログインし、 New Itemをクリックします。
  2. 項目名を入力し、 [パイプライン] をクリックしてから [ OK ] をクリックします。
  3. パイプラインセクションまで一番下までスクロールします。
  4. パイプライン スクリプトを使用し、サンプル パイプラインを試す...ドロップダウンからオプションを選択します。
  5. [保存] をクリックします。
  6. 新しく作成されたパイプラインで、 Build Nowをクリックします。
  7. one.newrelic.com > APM & Services > Services - OpenTelemetry > jenkins に移動します。
  8. [分散トレース]をクリックして、ジョブとパイプラインの実行を視覚化します。
  9. [ログ]をクリックして、Jenkins コンソールのログを表示します。ログがない場合は、環境変数OTEL_LOGS_EXPORTER="otlp"が設定されていることを確認してください。

Jenkins クイックスタート ダッシュボードをインストールする

Jenkins パイプライン データを New Relic に送信した後、 New Relic Instant Observabilityの事前構築済みダッシュボードを使用して、ジョブとパイプラインの実行を簡単に監視することもできます。事前構築済みのダッシュボードを使用して数分で開始し、統合されたビューで主要なメトリックを表示します。

  1. New Relic Instant Observabilityの Jenkins クイックスタートに移動し、 + Install nowをクリックします。
  2. アカウントを選択し、[インストールの開始] をクリックします。
  3. 検証が既に完了している場合は、[完了] を選択して次のステップに進みます。
  4. クイックスタートにより、リソースがアカウントにデプロイされます。[データを見る] をクリックして、ダッシュボードにアクセスします。

Did this doc help with your installation?

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.