• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

独自のマニフェスト ファイルを作成する

Helm を使用して独自のマニフェスト ファイルを作成し、使用するプロキシを設定するなど、すべてのニーズをカバーできます。Helm のすべての機能を理解するには、このドキュメントを読み進める前に、 Helm を使用して Kubernetes 統合をインストールする方法を読むことをお勧めします。

互換性と要件

  • Helm がKubernetes 統合バージョンと一致していることを確認してください。たとえば、Kubernetes 統合のバージョン 3 には Helm バージョン 3 が必要です。

  • NewRelicアカウント。持っていませんか?無料でお申し込み頂けます!クレジットカードは必要ありません。

  • あなたのNew Relic

  • Kubernetes クラスターの名前。

    • クラスターの表示名が必要な場合は、次のコマンドの出力を使用できます。

      bash
      $
      kubectl config current-context

Helm との Kubernetes 統合のテンプレート化

重要

マニフェストを使用したインストールとアップグレードはサポートされておらず、エラーが発生しやすくなっています。これが環境に必要なアプローチであることを完全に確認してください。

  1. 以下を実行して、New Relic Helm チャート リポジトリを追加します。

    bash
    $
    helm repo add newrelic https://helm-charts.newrelic.com
  2. values-newrelic.yamlという名前のファイルを作成します。このファイルは構成の定義に使用され、次の構造に従います:

    重要

    構成方法については、Helm のインストールに関するドキュメントを参照してください。

    global:
    licenseKey: _YOUR_NEW_RELIC_LICENSE_KEY_
    cluster: _K8S_CLUSTER_NAME_
    newrelic-prometheus-agent:
    # Automatically scrape prometheus metrics for annotated services in the cluster
    enabled: true
    nri-metadata-injection:
    # Deploy our webhook to link APM and Kubernetes entities
    enabled: true
    nri-kube-events:
    # Report Kubernetes events
    enabled: true
    newrelic-logging:
    # Report logs for containers running in the cluster
    enabled: true
    kube-state-metrics:
    # Deploy kube-state-metrics in the cluster.
    # Set this to true unless it is already deployed.
    enabled: true
  3. 次のコマンドを実行して、チャートですべてが適切に構成されていることを確認します。--dry-run--debugを指定しているため、このステップでは何もインストールされないことに注意してください。

    bash
    $
    helm upgrade --install newrelic newrelic/nri-bundle \
    >
    --namespace newrelic --create-namespace \
    >
    -f values-newrelic.yaml \
    >
    --dry-run \
    >
    --debug

    次の値に注意して変更してください。

    • global.licenseKey=YOUR_NEW_RELIC_LICENSE_KEY: アカウントの有効な New Relic

      に設定します。

    • global.cluster=K8S_CLUSTER_NAME: New Relic でクラスターを識別するために設定するため、一意の説明的な値にする必要があります。

    • kube-state-metrics.enabled=true: trueに設定すると、統合を実行するために必要な Kube State Metrics (KSM) が自動的にインストールされます。KSM がクラスターに既に存在する場合は、別の名前空間にある場合でも、これをfalseに設定できます。

    • newrelic-prometheus-agent.enabled=true: trueに設定して、クラスター内に存在する Prometheus エンドポイントからデータを自動的に収集する Prometheus エージェントをデプロイします。

    • nri-metadata-injection.enabled=true: trueに設定して、最小限の Webhook をインストールします。これにより、 New Relic APM で計測されたアプリケーションを Kubernetes にリンクできるようにする環境変数が追加されます。

    ヒント

    当社の Kubernetes チャートには、特定のニーズに合わせて編集できるフラグと調整可能変数の包括的なセットがあります。以下の統合の構成方法を確認して、変更できる内容を確認してください。

  4. 以下を実行して、Kubernetes 統合をテンプレート化します。

    bash
    $
    helm template newrelic newrelic/nri-bundle \
    >
    --namespace newrelic --create-namespace \
    >
    -f values-newrelic.yaml > templated-nri-bundle.yaml
  5. 次を実行して生成されたマニフェストを適用します。

    bash
    $
    kubectl -n newrelic apply -f templated-nri-bundle.yaml

マニフェストを使用したアップグレード

重要

マニフェストを使用したインストールとアップグレードはサポートされておらず、エラーが発生しやすくなっています。これが環境に必要なアプローチであることを完全に確認してください。

  1. 以下を実行して、ローカル チャート リポジトリを更新します。

    bash
    $
    helm repo update
  2. 次を実行してファイルをテンプレート化します。

    bash
    $
    helm template newrelic newrelic/nri-bundle \
    >
    --namespace newrelic --create-namespace \
    >
    -f values-newrelic.yaml > new-templated-nri-bundle.yaml
  3. 以前のマニフェストを使用する以前のバージョンの Kubernetes 統合をアンインストールし、次のコマンドを実行して新しいマニフェストを適用します。

    bash
    $
    kubectl -n newrelic delete -f templated-nri-bundle.yaml
    $
    kubectl -n newrelic apply -f new-templated-nri-bundle.yaml

Kubernetesインテグレーションのアンインストール

Helm を使用して Kubernetes 統合をアンインストールするには、次を実行します。

bash
$
kubectl -n newrelic delete -f templated-nri-bundle.yaml
Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.