• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

誤ったデータを報告

問題

エージェントは動作していますが、 インフラストラクチャ モニタリング UI では、インフラストラクチャ エージェントから収集したイベント、メトリクス、またはアトリビュートの一部について、予期しないデータが表示されます。

トラブルシューティング

インフラストラクチャーは、複雑なシナリオのトラブルシューティングに役立つ、オンデマンドで有効にできるトレースレベルのロギングをサポートしています。以下のトレースフラグを設定すると、Telemetry Data Platformに送信されたすべてのイベントとメトリクスを印刷することができます。この設定は大量のデータを短時間で生成するため、トラブルシューティングの目的でのみ有効にすることをお勧めします。

  1. newrelic-infra.yml 設定ファイルを編集し、必要なフラグを追加します。例えば、以下のようになります。

    verbose: 1
    log_file: /path/myfile.log
    trace:
    # v3.submission enables detailed logging for events, examples: SystemSample, NetworkSample, etc.
    - v3.submission
    # dm.submission
    - dm.submission
  2. あなたのinitシステム を使って、エージェントサービスを再起動してください。

  3. 新しいトレースログラインを確認し、Telemetry Data Platformに送信されるデータを確認します。

v3.submissionが有効な場合のログ例。

time="2021-12-28T09:27:28Z" level=debug msg="Sending events to metrics-ingest." component=MetricsIngestSender key=... numEvents=3 postCount=1 timestamps="[2021-01-01 09:27:28 +0000 UTC]"
time="2021-12-28T09:27:28Z" level=debug msg="Preparing metrics post." component=MetricsIngestSender postCount=1
time="2021-12-28T09:27:28Z" level=trace msg="[{\"EntityID\":111,\"IsAgent\":true,\"Events\":[{\"eventType\":\"SystemSample\",\"timestamp\":1640683648,\"entityKey\":\"...\",\"cpuPercent\":0.2004008016032026, ...}]" feature=v3.submission
time="2021-12-28T09:27:29Z" level=debug msg="Metrics post succeeded." component=MetricsIngestSender postCount=1
Copyright © 2022 New Relic株式会社。