• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

稼働中のインフラストラクチャ・エージェントのトラブルシューティング

インフラストラクチャエージェントのトラブルシューティングは、 newrelic-infra-ctl ユーティリティを使用して行うことができます。このバイナリはインストールパッケージにも含まれており、 newrelic-infra のデフォルトバイナリと同じディレクトリにあります。

newrelic-infra-ctl コマンドを受信すると、エージェント。

  • verbose logs を 5 分間有効にし、その後ログレベルを以前の設定に戻します。
  • すべてのエージェント設定オプションをログに記録します。
  • すべての統合設定オプションを記録します。
  • ロードされたすべての統合のヘルスチェックを実行します。(ヘルスチェックは、追加のログと出力の検証を伴う統合の即時実行です)。

Linux newrelic-infra-ctl

Linux システムでは、トラブルシューティング用のバイナリは /usr/bin/newrelic-infra-ctl であり、 パッケージマネージャ または tarball assisted の両方のインストール方法で利用できます。

重要

Linux上で実行する場合、 newrelic-infra-ctl は、 rootユーザーか、 newrelic-infra プロセスを実行しているのと同じユーザーが実行しなければなりません。

newrelic-infra-ctl バイナリは、ホストで実行されているエージェントプロセスを自動的に検出することができます。また、エージェントがコンテナ内で動作しているかどうかも検出できます。

newrelic-infra-ctl のデフォルト設定を変更するには。

変更するには...

実行

pid

newrelic-infra-ctl -pid 14580

cid (コンテナ版のエージェントを使用している場合)

newrelic-infra-ctl -cid 8fddbcbb101c

docker-api-version

newrelic-infra-ctl -docker-api-version 1.24

Windows newrelic-infra-ctl

Windows では、MSI インストーラーを使用した場合、トラブルシューティング用のバイナリは C:Program Files\New Relic\Newrelic-infra\Newrelic-infra-ctl.exe となります。

重要

Windowsでは、エージェントプロセスは常に自動的に検出されます。これは、 pidcid には依存しません。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.