• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Memcachedモニタリングの統合

当社のMemcached 統合 は、お客様のMemcachedインスタンスからインベントリとメトリクスを収集して当社のプラットフォームに送信し、主要なパフォーマンス・メトリクスを集約して視覚化することができます。インスタンスとスラブの両方のレベルでデータを収集します。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

互換性と要件

当社の統合は、Memcached 1.4以上と互換性があります。

MemcachedがKubernetesまたはAmazonECSで実行されていない場合は、Memcachedを実行しているホストにインフラストラクチャエージェントをインストールする必要があります。さもないと:

クイックスタート

ガイド付きインストールにより、Memcached インスタンスを迅速にインスツルメンテーションし、テレメトリーデータを送信します。ガイド付きインストールでは、お客様の環境に合わせてカスタマイズしたCLIコマンドを作成し、New Relic CLIとインフラストラクチャ・エージェントをダウンロードしてインストールします。

始める準備はできましたか?これらのボタンのいずれかをクリックして試してください。

ガイド付きインストール

ガイド付きインストールでは、インフラストラクチャ・エージェントを使用してMemcachedとの統合を設定します。それだけでなく、あなたの環境で稼働している他のアプリケーションやログ・ソースを検出し、どのアプリケーションを導入すべきかを推奨します。

ガイド付きインストールは、ほとんどのセットアップで機能します。しかし、ニーズに合わない場合は、以下の他の方法でMySQLインスタンスの監視を始めることができます。

インストールしてアクティブ化する

Memcachedインテグレーションをインストールするには、お使いの環境に応じた指示に従ってください。

''

その他の注意事項:

Did this doc help with your installation?

統合を構成する

統合のYAML形式の構成では、必要なログイン資格情報を配置し、データの収集方法を構成できます。どのオプションを変更するかは、セットアップと設定によって異なります。

インストール方法に応じて、統合を構成する方法はいくつかあります。

構成ファイルには、すべての統合で使用される共通の設定intervaltimeoutinventory_sourceなど) があります。これらの一般的な設定の詳細については、 構成プロパティ リストを参照してください。

従来の設定/定義ファイルをまだお使いの場合は、 標準設定フォーマット を参照してください。

Memcached に関連する特定の設定は、構成ファイルのenvセクションを使用して定義されます。これらの設定は、Memcached インスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。

設定オプションは以下のとおりです。実際にどのように動作するかについては、 のサンプル設定ファイル を参照してください。

Memcachedインスタンスの設定

Memcachedの統合では、Metrics( M )とInventory( I )の両方の情報を収集します。 Applies To カラムをチェックして、各コレクションに使用できる設定を確認してください。

'' '' '' '' ''

設定

説明

デフォルト

に適用されます

亭主

memcachedインスタンスのホスト名。

ローカルホスト

M / I

ポート

memcachedが動作しているポート。

11211

M / I

ユーザー名

Memcached SASL ユーザー名。認証が有効な場合のみ必要です。

該当なし

M / I

パスワード

Memcached SASL パスワード。認証が有効な場合のみ必要です。

該当なし

M / I

METRICS

メトリックのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。

false

在庫

インベントリのみの収集を有効にするには、 trueに設定します。

false

これらの設定の値は、いくつかの方法で定義できます。

  • コンフィグファイルに直接値を追加します。
  • {{}}表記を使用して、環境変数の値を置き換えます。これには、インフラストラクチャ エージェント v1.14.0 以降が必要です。ここで詳細を読むか、以下の例を参照してください。
  • パスワードなどの機密情報が設定ファイルに平文で表示されないようにするには、secrets managementを使用します。詳しくは、 secrets management の使い方 をご覧ください。

ラベル/カスタム属性

また、ラベルを使ってメトリクスを装飾することもできます。このような場合は、次のようになります。これにより、メトリクスのクエリ、フィルタリング、グループ化に使用できます。

デフォルトのサンプル設定ファイルには、ラベルの例が含まれていますが、お好みでラベルを削除、変更、追加することができます。

labels:
env: production
role: memcached

構成例

memcached-config.ymlファイル構成の例:

オンホストの統合設定の一般的な構造については、 our integration configuration overview を参照してください。

データを見つけて使用する

このサービスからのデータは、 統合ダッシュボードに報告されます。

メトリックは、これらのイベントタイプに関連付けられています。

  • MemcachedSample
  • MemcachedSlabSample

トラブルシューティングの目的で、またはカスタムチャートとダッシュボードを作成するために、このデータをクエリできます。

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データについてを参照してください。

メトリックデータ

Memcachedインテグレーションでは、以下のメトリックデータ属性を収集します。

Memcached サンプルメトリクス

これらの属性は、このMemcachedSampleイベント タイプに関連付けられています:

メトリック

説明

avgItemSizeInBytes

アイテムの平均的なサイズです。

bytesReadServerPerSecond

このサーバーがネットワークから読み取ったバイト数。

bytesUsedServerInBytes

このサーバーがアイテムの保存に使用している現在のバイト数。

bytesWrittenServerPerSecond

このサーバーがネットワークに書き込んだバイト数。

casHitRatePerSecond.

キーを比較し、交換し、存在を確認する割合。

casMissRatePerSecond

キーが比較され、交換され、存在が発見されない率。

casWrongRatePerSecond

元の値と提供された値が一致しない場合に、キーを比較して交換する割合。

cmdFlushRatePerSecond

flushallコマンドのレート。

cmdGetRatePerSecond

getコマンドのレート。

cmdSetRatePerSecond

setコマンドのレート。

connectionRateServerPerSecond

このサーバーへの接続が開かれる割合。

connectionStructuresAllocated

サーバーが割り当てた接続構造体の数。

currentItemsStoredServer

サーバーに保存されている現在のアイテム数。

deleteCmdNoneRemovedPerSecond

削除コマンドの結果、アイテムが削除されなかった割合。

deleteCmdRemovedPerSecond

削除コマンドの結果、アイテムが削除された割合。

evictionsPerSecond

新しいアイテムのためのメモリを確保するために、有効なアイテムがキャッシュから削除される割合。

executionTime

CPUがこのサーバープロセスの実行に費やしたユーザータイムの割合。

getHitPercent

リクエストされたキーのうち、memcache サーバーの開始以降に存在が確認されたキーの割合です。

getHitPerSecond

鍵が要求され、見つかった割合。

getMissPerSecond

キーを要求しても見つからない率。

limitBytesStorage

このサーバーがストレージに使用することを許可されるバイト数。

openConnectionsServer

このサーバーに対するオープンコネクションの数。

pointerSize

ホストOSのポインターのデフォルトサイズ(通常は32または64)。

serverMaxConnectionLimitPerSecond

サーバーが最大接続数に達した率

storingItemsPercentMemory

アイテムを保存するためにサーバーが使用しているメモリの量を、最大許容値に対する割合で示したもの。

threads

現在のMemcachedサーバ・プロセスで使用されているスレッド数。

totalItemsStored

このサーバーが起動してから保存されているアイテムの合計数。

uptimeInMilliseocnds

このサーバーが稼働している秒数。

usageRate

CPUがこのサーバープロセスに代わってカーネルコードを実行するのに費やした時間の割合。

Memcached slab サンプルメトリクス

これらの属性は、 MemcachedSlabSampleイベントタイプに関連付けられています。

メトリック

説明

activeItemsBumpedPerSecond

HOTまたはWARM内でアクティブなアイテムがバンプされた割合。

activeSlabs

割り当てられたスラブクラスの総数

casBadValPerSecond

CAS IDの不良により、Check-And-Set(CAS)コマンドが値の変更に失敗した割合。

casModifiedSlabPerSecond

CASコマンドがこのスラブクラスを変更する割合。

chunkSizeInBytes

各チャンクが使用するスペースの量です。

chunksPerPage

1ページの中に何個のチャンクが存在するか。

cmdSetRateSlabPerSecond

このスラブ・クラスでセット・リクエストが保存されたデータの割合。

decrsModifySlabPerSecond

decrsコマンドがこのスラブクラスを変更する割合。

deleteRateSlabPerSecond

このスラブクラスで削除コマンドが成功した率。

entriesReclaimedPerSecond

期限切れのエントリーのメモリを使ってエントリーが保存された割合。

evictionsBeforeExpirationPerSecond

期限切れになる前に、LRU(Least Recently Used)からアイテムを退避させなければならない率。

evictionsBeforeExplicitExpirationPerSecond

明示的に有効期限が設定されている非ゼロアイテムが、有効期限が切れる前にLRUから退避する必要がある割合。

expiredItemsReclaimedPerSecond

設定されてから一度も触られなかった期限切れのアイテムをLRUから回収する割合。

freeChunksEnd

最後に割り当てられたページの終わりにあるフリーチャンクの数。

freedChunks

まだアイテムに割り当てられていないチャンクや、deleteで解放されていないチャンク。

getHitRateSlabPerSecond

このスラブ・クラスでゲット・リクエストが処理された率。

incrsModifySlabPerSecond

incrsコマンドがこのスラブクラスを変更する割合。

itemsCold

COLD LRU に現在格納されているアイテムの数。

itemsColdPerSecond

アイテムがHOTまたはWARMからCOLDに移動された割合。

itemsDirectReclaimPerSecond

ワーカースレッドが新しいアイテムのためのメモリを見つけるために、LRUのテールを直接引く必要があった割合。

itemsFreedCrawlerPerSecond

LRUクローラーがアイテムを解放する割合。

itemsHot

HOT LRU に現在格納されているアイテムの数。

itemsOldestInMilliseconds

LRUの中で最も古いアイテムの年齢。

itemsRefcountLockedPerSecond

リファクタリングされたアイテムがLRUテールにロックされる割合。

itemsSlabClass

このスラブクラスに現在収納されているアイテムの数。

itemsTimeSinceEvictionInMilliseconds

このスラブクラスから退避した最新のアイテムの、最後のアクセスからの秒数をミリ秒単位で表示しています。

itemsWarm

WARM LRU に現在格納されているアイテムの数。

itemsWarmPerSecond

アイテムがCOLDからWARMに移動した割合。

memAllocatedSlabsInBytes

スラブページに割り当てられたメモリの総量。

memRequestedSlabInBytes

このスラブに格納されるように要求されたバイト数。

outOfMemoryPerSecond

根本的なスラブクラスが新しいアイテムを保存できなかった率をエラーとして表示しています。

selfHealedSlabPerSecond

refcount のリークがあるスラブを memcache が自己修復する割合。

totalChunksSlab

スラブクラスに割り当てられたチャンクの合計数。

totalPagesSlab

スラブクラスに割り当てられた総ページ数。

touchHitSlabPerSecond

このスラブクラスでサービスされるタッチの割合。

usedChunksItems

アイテムに割り当てられたチャンクの数。

usedChunksPerSecond

アイテムにチャンクが割り当てられた割合。

validItemsEvictedPerSecond

設定されてから一度もタッチされなかった有効なアイテムをLRUから退避させる割合。

在庫データ

Memcached 統合は、memcached インスタンスの構成パラメータを取得します。このデータは、 Inventory ページconfig/memcached ソースの下にあります。インベントリデータの詳細については、 Understand integration data を参照してください。

この統合では、以下のMemcached構成パラメータのデータを取得します。

Memcachedの在庫

メトリック

説明

auth_enabled_sasl

SASL認証が有効であるかどうかを示す。

binding_protocol

クライアント接続のデフォルトのプロトコル サポートを設定します。オプション: asciibinaryまたは auto/. Default: Auto

cas_enabled

CAS(Check-And-Set)が有効であるかどうかを示す。

chunk_size

各チャンクが使用するスペースの量です。1つのアイテムは、適切なサイズの1つのチャンクを使用します。

detail_enabled

stats detailが有効であるかどうかを示す。

domain_socket

リッスンするUNIXソケットへのパスです。

dump_enabled

統計キャッシュダンプとlru_crawlerメタダンプが有効かどうかを示します。

evictions

エビエーションが有効であるかどうかを示します。有効であれば、メモリが枯渇したときに、退避せずにエラーを返します。

flush_enabled

flush_allコマンドが有効かどうかを示します。

growth_factor

チャンクサイズの成長因子です。

hash_algorithm

ハッシュテーブルのアルゴリズムです。

hashpower_init

ハッシュテーブルの大きさを決める整数倍の値です。通常、実行時に大きくなります。

hot_lru_pct

HOT LRUのために確保するスラブメモリの割合。

hot_max_factor

HOT LRU のアイドル年齢を COLD 年齢にこの値を乗じた値に設定します。

idle_timeout

アイドル接続のタイムアウト。

inline_ascii_response

1アイテムにつき最大24バイトの保存が可能です。

inter

リッスンするインターフェイスです。

item_size_max

アイテムの最大サイズです。

lru_crawler

LRUクローラーのバックグラウンドスレッドを有効にします。

lru_crawler_sleep

マイクロ秒単位でアイテム間のスリープを行います。

lru_crawler_tocrawl

スラブごとにクロールできる最大のアイテム数。

lru_maintainer_thread

LRUモードとバックグラウンドスレッドの分割

lru_segmented

セグメント化されたLRUモードを有効にする。

maxbytes

キャッシュに入れることができる最大のバイト数です。

maxconns

許可されるクライアントの最大数。

maxconns_fast

制限に達した後、新しい接続を直ちに閉じます。

num_threads

使用するスレッドの数

num_threads_per_udp

UDPごとに使用するスレッドの数。

oldest

最も古い名誉あるオブジェクトの年齢です。

reqs_per_event

1イベントあたりの最大リクエスト数

slab_automove

スラブページオートオーバーが有効であるかどうかを示す。

slab_automove_ratio

若年層/老年層のスラブクラスの比率制限。

slab_automove_window

自動運転のために調整可能な内部アルゴリズム

slab_chunk_max

スラブの最大サイズを指定します。設定した最大値よりも大きいアイテムは、複数のスラブに分割されます。

slab_reassign

スラブの再配置を有効または無効にします。

stat_key_prefix

スタッツキーに使用されるプレフィックスです。

tail_repair_time

LRUのテールアイテムを強制的に削除するまでの待ち時間を秒単位で指定します。

tcp_backlog

バックログのキューの上限です。

tcpport

リッスンするTCPポートです。

temp_lru

ブール値。 temporary_ttltemp_lruを使用するかどうかを示します。

temporary_ttl

この値よりも低いTTLで設定されたアイテムは、TEMP_LRUに入り、期限切れや削除・交換されるまで回避不能となります。TTL が 0 に設定されている場合、TEMP_LRU は無効です。

track_sizes

stats sizes」コマンドのダイナミックレポーターを有効にする。

udpport

リッスンするUDPポートです。

umask

UNIXソケットのアクセスマスクを8進数で指定します。

verbosity

ログ出力の詳細レベルを設定します。0 = なし、 1 = 一部、 2 = たくさん。

warm_lru_pct

WARM LRUのために確保するスラブメモリの割合。

warm_max_factor

WARM LRU のアイドル年齢を COLD 年齢にこの値を乗じた値に設定します。

watcher_logbuf_size

ウォッチャーごとの書き込みバッファのサイズ(キロバイト単位)。

worker_logbuf_size

ワーカースレッドごとのバッファのサイズをキロバイト単位で指定します。

ソースコードを確認してください

この統合はオープン ソース ソフトウェアです。つまり、ソース コードを参照して改善を送信したり、独自のフォークを作成してビルドしたりできます。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.